ヒナゴン

動画『ヒナゴン』を無料視聴

原題:ヒナゴン
製作:日本(2005年)
日本公開日:2005年7月30日
上映時間:121分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

広島県比婆郡西城町で起きた謎の生物ヒバゴン騒動をモチーフに“信じる心の大切さ”を描くハートフル・コメディ。広島県内のとある小さな田舎町、比奈町。増える一方の累積赤字に、隣町との合併話が浮上し、町は大きく揺れていた。そんな折り町役場では、30年ぶりに謎の怪物ヒナゴンの目撃情報が相次いで寄せられる事態になり、今もヒナゴンの存在を信じる若き町長イッちゃんは、「ヒナゴンで町興し」とばかり“類人猿課”の復活を宣言するのだった。そして東京から戻ってきた信子が類人猿課で働き始める。彼女は誰あろう、30年前の第一発見者であるホラ健の孫だった。一方、学校の教室では、子どもたちが未知の生物を思い描くことに四苦八苦していた…。

★【スタッフ】
監督:渡邊孝好
脚本:山田耕大、渡邊孝好
撮影:安田圭
音楽:岩代太郎

★【キャスト(キャラクター)】
伊原剛志(イナゴのイッちゃん)、井川遥(石井信子)、上島竜兵(吉岡純平)、嶋田久作(南波大助)、鶴見辰吾(橋本勝)、松岡俊介(島本順平)、柳家花緑(西野俊彦)、馬渕晴子(宮本恭子)、佐藤允(荒川達吉)、豊原功補(片山憲吾)、雪村いづみ、夏八木勲

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2010年5月7日) 
珠玉の1品でした。キャストも秀逸。日本のすばらしさというか、人と人とのつながりがすごくいい!ご当地ものの映画として観た。パロディのところもあり、現代の観光立国につながるものありとみた。重松清の長編小説「いとしのヒナゴン」の映画化であり、1970年代に子供たちの話題をさらった未確認生物・ヒバゴンを題材とした作品です。もともと映像化を想定していたみたいですが、確かに実写化をするうえでの作りごたえがある感じですね。
名無しさん(2010年5月11日) 
時は1970年代、広島県比婆郡西城町で未確認生物「ヒナゴン」が発見されて大騒ぎになります。町には大勢の人がやってきます。やんちゃな小学生のイッちゃん達は山にヒナゴンを見つけに行きます。夜になっても見つけることができず、イッちゃん以外の子供達は木の下で眠ってしまいます。イッちゃんは自分だけヒナゴンに不思議に会うことができます。いわゆるUMAと触れ合う系映画です。日本の山奥ならこんな未確認生物も探せばいる…のかもしれないけど、きっとほんとにそんなことが起きたらこの映画どころの騒ぎじゃないだろうな。しかし、この映画は邦画でできる範囲でドラマを面白く見せようという工夫が感じられ、なかなかユニークな設定も相まって非常に興味深い映画になっていると思います。最後のオチもどうまとめるのだろうと思っていたら、そうくるんですね。