火垂(2000)

火垂

世界的に高く評価された河瀬直美監督作

雄大な自然と歴史情緒溢れる奈良を舞台に、ストリッパーと陶芸家の愛を描くドラマ。男を作って出て行った母に代わって、姉として一緒に暮らしてきたストリッパーの恭子に育てられ、自らもストリッパーとなったあやこは、妊娠、堕胎、男との別れを経験し、今や生きる意欲を失っていた。そんな中、彼女はたったひとりの肉親である祖父を亡くし、天涯孤独の身の上となった陶芸家・大司と出会う。互いに欠けている物を補うように強く惹かれ、愛し合うようになるが…。

原題:火垂 / 製作:日本(2000年) / 日本公開日:2001年3月24日 / 上映時間:164分 / 製作会社: / 配給:サンセントシネマワークス=東京テアトル

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

海外で高く評価されている日本人監督の作品はその評価の理由も納得の独特のタッチが特徴です。そんな映画を動画配信サービスでお得に見る機会がもしかしたらあるかもしれません。これらのサービスは、ネット配信ですが、ときにはDVDなどパッケージで販売されていない作品を配信していることもあります。それは映画ファンにとっては見逃せない機会なので小まめにチェックする価値は大いにあるといえるでしょう。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「火垂」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『火垂』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:河瀬直美
脚本:河瀬直美
撮影:河瀬直美
音楽:河瀬直美、松岡奈緒美

★【キャスト(キャラクター)】
中村優子(水沢あやこ)、永澤俊矢(東山大司)、山口美也子(山口恭子)、光石研(あやこの父)、北見敏之(飯塚)、杉山延治(東山兼一)、柳東史(母の愛人)、武村瑞穂(あやこの母)、福井美香(少女時代のあやこ)、山本善之(少年時代の大司)、高橋利廣(銭湯の主人)、寺川和男(カブの男)、原田三男(産婦人科医)、永井末子(うどん屋の女将)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第53回ロカルノ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
今や世界的に有名となった映画監督である河瀬直美。しかし、日本での知名度はイマイチだ。それはこの監督が安易に商業的な既存の邦画界に足を踏み入れず、いまだに芸術性に特化し続けた創作活動を行っていることが大きいのだろう。ゆえに露出が少なく、大手の映画会社の手も借りず、今に至る。それでも生きながらえてきたのは海外による支援があったからだ。つくづく日本の映画の芸術を支えているのが海外になってしまっていることが残念である。
●BILIBILI
この映画は視聴するチャンスが現時点ではかなり少ない。もし見る機会があれば、逃さずチェックした方がいい。カンヌの常連として世界に認知され、愚鈍なエンタメ量産品ばかりをつくる邦画の業界から離れて、自分の作家性を確立している河瀬直美監督の初期作。この監督の最初のキャリアを形成する作品群は見る媒体が少なく、鑑賞していない人も多いはず。願わくばもっと見られる手段を増やしてくれれば、その作品の良さを広めることができるのだが。
●PARAVI
まるでストーリーなどないかのような導入。そして描かれる淡々とした風景。一方でドキュメンタリーとはまるで違う明らかな視点を感じる不思議な目線の演出。この独特な空気感は本当に上手い。もちろん初期の作品なので、監督の持ち味はまだ成熟していない感じもする。それでも日本の文化や風土、自然をそのまま切り取って見せるセンスは素晴らしく、これなら海外で支持されるのも納得である。こういう特別な才能を日本ではもっと育てるべきだ。