ひだまりが聴こえる

ひだまりが聴こえる

友情を超えた二人のドラマ

文乃ゆき原作の人気ボーイズラブ漫画を実写映画化。中学時代に発症した突発性難聴のせいで周囲から何かと誤解を受け、大学生になった現在も人付き合いが苦手な杉原航平は、明るい性格で思ったことを何でも口に出してしまう同級生・佐川太一と知り合う。「聴こえないのはおまえのせいじゃない」という太一の言葉に救われた航平は、いつしか太一に友情を超えた思いを抱くようになり…。

原題:ひだまりが聴こえる / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年6月24日 / 上映時間:72分 / 製作会社: / 配給:日本出版販売

【無料動画】

「ひだまりが聴こえる」予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

丁寧で繊細な映像描写で人間関係の揺らぎをとらえた作品は静かですが確かな見ごたえがあるものです。そんなヒューマンドラマを観たい人は動画配信サービスで探して見るのもいいでしょう。これらのサービスは、さまざなま企業が展開している今では有名なものになりましたが、まだ利用していない人もいるかもしれません。それであれば今から使用してみるのも遅くはありません。とくにここにしかないメリットも多いので体験する価値はありです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ひだまりが聴こえる」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ひだまりが聴こえる』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:上條大輔
脚本:高橋ナツコ
撮影:長野泰隆
音楽:森野宣彦

★【キャスト】
多和田秀弥、小野寺晃良、三津谷亮、山崎あみ、大坂美優、井桁弘恵、松田リマ、福本有希、島田翼、荒木秀行、木島杏奈

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.84/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
中学生で難聴になった大学生の男性たちのラブ・ストーリーです。いわゆるBL系ですね。思っていたほど、BL要素は薄めでしたし、その部分で視聴を遠慮している人がいるなら、何も心配はいらないと断言しておきましょう。それよりも耳の問題にこそ焦点があたっています。耳が聞こえない人への気遣いや優しさの配慮が逆にその人を苦しめているという問題点を浮き彫りにしていて、なるほどそうだったのかとちょっと考えさせられたりもしました。
●映画フリー  
キスシーンはあるけど、BLの色はそんなに強くなかったです。難聴の大学生とその友人が織り成す掛け替えのない日々を描いたBL漫画の実写化作品で、芝居がかったセリフも原作意識ということでしょう。一緒に居たい人と一緒に居ること、当たり前のそれがどれだけ幸せなことかを私たちは忘れていたんですね。その空間には他には何も必要ない。ただただ2人で同じ時を過ごして笑い合う、それだけで充分なんだなともう一度気づけた映画でした。
●BILIBILI  
全然ボーイズがラブってないけど、独特の空気感がいいですね。それこそがこの作品の魅力なのかもしれないけど。ちゃんと物語に寄り添うとするならば、難聴を患っている方のエピソードとして、それはそれで見るべき点、考える点があったといくつも内包されていたと思います。全く何も聞き取れないということでもないとか、案外、知ってそうで意識していない事実をたくさん理解できるので、ミーハーな好奇心で観た自分が恥ずかしい…。
●PARAVI  
想像以上に温かいしんみりな作品でした。耳が不自由な主人公の「音の世界」を表現が上手い。全体の色も暖かいのがまさにひだまり。いかにもドラマチックな大きな起承転結が待っているわけでは無いので、すごくドキドキするジェットコースターのような恋愛ものを期待するとガッカリすると思いますけど、大事なのは雰囲気とテーマです。監督は撮影期間が雨ばかりで困ったって言ってましたが、雨で良かったんじゃないでしょうか。