女流闘牌伝 aki アキ

女流闘牌伝 aki アキ

勝負こそが人生

麻雀女流プロの二階堂亜樹が原案を担当した自伝的コミック「aki」を実写映画化したドラマ。出演は「仮面ライダー1号」の岡本夏美、「過激派オペラ」の増田有華、「女子高」の中山絵梨奈、「0093女王陛下の草刈正雄」の彩輝なお、「ペコロスの母に会いに行く」の岩松了。雀荘で生まれ育ち、15歳の冬にボストンバッグひとつで東京にやってきたアキ。大都会の厳しさ、汚れた大人たちの現実に直面しながら、彼女の唯一の武器である「麻雀」で生きていくことを決意する。そして、少女雀士・ひまわり、ミスター麻雀・小島武夫との出会いがそんな彼女の人生と麻雀を大きく変えることになる。

原題:女流闘牌伝 aki アキ / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年6月3日 / 上映時間:85分 / 製作会社: / 配給:AMGエンタテインメント

【無料動画】

「女流闘牌伝 aki アキ 」予告

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

あまり人が見ない分野の作品というのはその魅力を知っている者のみが楽しめる世界。そんな特殊なポジションにある作品を楽しみたいなら、動画配信サービスを活用するといいでしょう。このサービスはネット配信なので、店で探すなどの手間もなく、人前に出る心配はありません。さらに視聴するためのメディアも、スマホからタブレット、パソコンとパーソナルなツールでもOKということもあり、プライバシーを保てます。有用なサービスです。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「女流闘牌伝 aki アキ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『女流闘牌伝 aki アキ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:中村祐太郎
脚本:田村大
撮影:中村祐太郎

★【キャスト】
岡本夏美、増田有華、中山絵梨奈、彩輝なお、岩松了

★【インタビュー】
・増田有華「今まで麻雀の“ま”の字も知らなかったので、最初は本当に不安が拭えなかったんですが、実際に教えていただきながら練習をしたら、本当に楽しくてあっという間にハマってしまいました」
・中村祐太郎監督「(中山演じる)瑠美お姉ちゃんがケーキを食べるシーンは、僕の監督人生で一番のショット。神様が降りていた」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
最初は、ノスタルジーで、日々を淡々と送っている様子を撮っている感じで好きなタイプの映画だなと思ったんですが、姉が泣きながらショートケーキ食べてるのシーンはあれだろうか、可愛さアピールかな。この映画はあまり説明がなく、まあ逆に説明がありすぎると見てて冷める映画もあるんですが、親切ではないという意味ではそこだけはちょっとわかんなかったです。あとは基本考えるな感じろの映画なのですが。
●映画フリー
岡本夏美ちゃんが凄くあってて、現実の二階堂亜樹は名前ぐらいしか知らないんですが、ナチュラルで可愛くて岡本夏美ちゃんを見る映画でもあるなと思いました。麻雀で生きていくって中々難しいと思いますが、15歳の少女がそう決めた彼女なりに見つけた生き方ならそれがどうなろうときっと後悔はないと思います。マニア度合いの強い題材でもそれなりに立ち位置を獲得して存在感を放てるのは芸能を生きた才能の証なのでしょう。
●BILIBILI  
好きなエピソード。ひまわり役の元AKB48・増田は、初共演・岡本との関係性を「3日間の撮影でしたが、長年の知り合いのようでした」と振り返る。抜群の相性だったそうだが、「最初、私のことを怖がっていました」とも明かし、岡本は「関西弁で本読みをしていた時に『うわ、来たなあ』と思いました。でもすごく優しい…」と釈明。すかさず増田が「優しい?」と続きを促したため、岡本は「これです(笑)!目力が強いんです」とタジタジだった。
●VIDEOEYNY
演者の仲の良さとは作品に出るものである。増田は「本読みが終わった後に、夏美ちゃんからたくさん話しかけてくれて、肝の座った女の子がいると思いました」とフォロー。撮影前、岡本と増田の相性は懸念事項だったようで、中村監督は「岡本さんと増田さんを同じ部屋に入れていいのか、と皆で言っていました」と暴露する。これには増田も、「食べ合ったりしないですよ! 昆虫じゃないんだから」と頬を膨らませていた。