Xibalba シバルバ/エイリアン・オブ・マヤ

マヤ文明×エイリアン!混ぜるな危険

原題:Xibalba
製作:アメリカ・メキシコ(2016年)
日本公開日:2017年5月(DVDスルー)
上映時間:88分
製作会社:Lanczyner Films
配給:
製作費:
興行収入:

古代マヤ文明の隠された秘密を暴く衝撃のSFミステリー・アドベンチャー。はるか遠い昔、惑星の間で争いが起こった。その先進文明の住民が地球に逃げて来た時、彼らが争っていた邪悪な大使たちが後に続いてやって来た。善と悪の壮大な戦争が地球上で起こった。古代マヤは良い側を助け、彼らは邪悪な大使を打ち負かした。罰として、大使は囚人にされ、マヤ秘密の迷宮地下水路“シバルバ”で永遠に生きるよう断罪された。この後、マヤそして人類は平和と繁栄の時代を過ごしたが、マヤは消滅する少し前に、悪の復活を警告した。そして現在、事態は動き出す…。

★【スタッフ】
監督:ホアキン・ロドリゲス
脚本:アルベルト・ハガー、ホアキン・ロドリゲス

★【キャスト】
カーラ・オーティス、マーク・タッカー。オルガ・フォンダ、ルイス・フェリペ、マウリシオ・マルティネス

【無料動画】

映画 『Xibalba シバルバ / エイリアン・オブ・マヤ』 公式予告

映画 『Xibalba シバルバ / エイリアン・オブ・マヤ』 公式予告

© 2016 Lanczyner Films S de RL All rights reserved


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2017年6月10日) 
あなたがこの映画の演劇に心を打たれてヒットした場合でも、あなたは何を得ているのかを私は理解してあげます。それは、コニー、悪い演技、恐ろしいプロット、マヤの崇高な野蛮人に関する通常のBクラスな映画です。他のユーザーが言及したように、事実と新しい時代の理論の奇妙な組み合わせをオカルトに楽しむものです。あなたが眠りにつく前にこれを観るならベストでしょう。起き続けるつもりであれば、悪い事が起きると予言します。
SPACEMOV (2017年6月11日) 
これは私がかなり長い間観ていた歴代の中でも最悪の悲劇を生んだ映画の一つです。ストーリーラインはひどいので、演技も引きずられて大変なことになっています。ストーリーには連続性はありませんから、ある意味どこから見てもOK。物事は何の理由もなく起こり、物語は時間が経つというだけ。結末は恐ろしいものでした。あなたが時間を持てあましており、恐ろしい映画を楽しむなら、これはあなたのためになると断言できるでしょう。
海外コメント (2017年6月12日) 
カルトなサイエンスだと思っていたら、まさかの展開。演技はかなり上品で、最後の数分まで誰もあまりにもメロドラマチックではなかったのに、ここで!?という衝撃。恐ろしい男たちは少し奇妙で過度だったし、女もたいがい。究極の結末はちょっとクレイジーすぎるので、なぜ他の関係者が自分で何か意見することができなかったのかについての漠然とした疑問は拭えない。それでも良ければ今作はあなたに未知の世界を開いてくれる。