花よりもなほ

花よりもなほ

是枝裕和監督が描く、笑いあり、涙ありの人情時代劇

父の仇を討つために東京・深川の貧乏長屋に住み着いた田舎侍が繰り広げる、笑いあり、涙ありの人情時代劇。元禄15年、今を遡ること300年。父親の仇討ちのために信州松本から江戸に出てきた若い武士、青木宗右衛門は、実は剣の腕がまるで駄目。貧しいながら人情あふれる長屋で半年暮らすうち、仇討ちしない人生があることを知る。はたして宗左衛門はどうするのか…。

原題:花よりもなほ / 製作:日本(2006年) / 日本公開日:2006年6月3日 / 上映時間:127分 / 製作会社: / 配給:松竹

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

有名な監督作の映画はぜひとも全部観ておきたいものですが、なかなか全てを把握して鑑賞するのが難しいです。そこで動画配信サービスが大きな味方になります。これはネット配信なので、DVDをレンタル店で探すのが困難なものほどでも、ウェブサイトで見つけるだけなのでとても用意に作品に出会えます。監督別に関連作を検索することもできるので、店舗でイライラする必要がないのはユーザーにとって嬉しいサービスです。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「花よりもなほ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『花よりもなほ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:是枝裕和(関連作品:『誰も知らない』)
脚本:是枝裕和
撮影:山崎裕
音楽:タブラトゥーラ

★【キャスト】
岡田准一、宮沢りえ、古田新太、香川照之、田畑智子、上島竜兵、木村祐一、加瀬亮、千原靖史、平泉成、浅野忠信、原田芳雄、夏川結衣、石橋蓮司、千原せいじ、絵沢萠子

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.03.63/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
剣術はダメでも心優しく繊細な侍を岡田准一、息子とひたむきに生きる後家を宮沢りえ、その他にも古田新太や加瀬亮、香川照之など一癖ある役を素晴らしい俳優たちが演じきり、それぞれの演技を見るだけでも楽しい。大勢出てくる長屋でのシーンもごちゃごちゃせず、爽快。家族のあり様やそれぞれの生き方、どの人物もきちんと描かれていて素晴らしい。何度見ても楽しい。老若男女楽しめるエンターティメントに上手い具合に仕上がってます。
●映画フリー
この作品全般に通じたほんわかさと暖かさを感じることができました。これといって大事件や映画のメインディッシュが分からないという本来であればアウトな内容なのに、ちゃんと生活を描くことに徹しているのもいい。つまり、これは時代劇だけど、劇じゃないのだ。ただのその時代の日常。それをあるがままに描くのである。そんなことをできるなんて本当に凄い。この才能があるからこその、是枝裕和監督。時代は変わっても才能は発揮されている。
●BILIBILI
痛快仇討ちエンターテイメントっていうフレーズがぴったりな作品だと思いました。時代再現も良い感じです。登場人物のすべてもみんな生き生きと魅力的に描かれている。結構こずるかったり、自分勝手だったりしながらも、なんだか自然と寄りかかって生きているあの雰囲気。ザ・時代劇ではなく、是枝監督らしい時代劇。武士らしくない武士が主役である部分もメインにするには無理があるけど、それをOKにしてしまうのは監督の力量だろう。
●VIDEOEYNY
赤穂浪士の仇討は、武士の意地とか、あるいはそれを通して幕府のやり方そのものへの挑戦とか、いろいろな描き方がされていますが、そのすべてを切って捨てるほどの見事なストーリー、そして丁寧な演出の積み重ね、長屋の人物のすべてがとにかく魅力的で、同じお笑いの方たちを使うにしても、これほど見事にそのキャラクターを映画に溶け込ませるってのも、凄まじい演出力だと思います。個人的にはこの作品は愛していきたいと思っています。