ドント・イット

ドント・イット

黒魔術にハマった女性の禁断の恐怖

復讐のため黒魔術に手を染めた女性を待ち受ける運命を描き、シッチェス国際映画祭やポルト国際映画祭などの映画祭で称賛されたオカルトホラー。ソフィアは、ある魔術の儀式を執り行うために専門家を雇い、しだいにその怪しくも妖艶な世界に染まっていく。なぜ人はオカルトにハマっていくのか。

原題:A Dark Song / 製作:アイルランド(2016年) / 日本公開日:2018年1月27日 / 上映時間:99分 / 製作会社: / 配給:AMGエンタテインメント

【無料動画】

黒魔術で“それ”を呼び出した… 映画『ドント・イット』予告

(C)Samson Films Limited 2016


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

エンタメ的なわかりやすいホラーもいいですがときには強烈な独創性が光るスリラーも面白いものです。そんな個性作を観たいときは、動画配信サービスがオススメです。かなりマイナー作品でもこのサービスでは意外に揃っていたりします。どんな媒体で視聴したいかは人それぞれだと思いますが、このサービスであればスマホ、パソコン、タブレット、テレビと自由に選ぶことができます。自分に合った視聴スタイルで満喫しましょう。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「ドント・イット」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ドント・イット』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:リアム・ギャビン
脚本:リアム・ギャビン
撮影:カフル・ワターズ
音楽:レイ・ハーマン

★【キャスト(キャラクター)】
スティーブ・オラム(ジョセフ・ソロモン)、キャサリン・ウォーカー(ソフィア・ハワード)、スーザン・ラワネイン(ビクトリア・ハワード)、マーク・ヒューバーマン(ネイル・ヒューズ)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.1/1090%71
映画.comYahoo! 映画Filmarks
1.2/5.02.44/5.002.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
儀式モノの新たな系譜としての道を切り開いた予感のするスリラー。黒魔術に傾倒していく女性の心理的葛藤を巧みに描き出し、ときにはアート的な描写も織り交ぜていく。そのオリジナリティの高さゆえに、映画祭ではかなり絶賛されているし、その高評価も納得できる。ただし、一般受けはしないだろう。そもそもハリウッドにありがちなよくある驚かし系のホラーではないからだ。まさにわかる人は唸るマニア向けのこだわった一作であり、レアな映画だ。
●STREAMIN 
邦題のセンスのなさに愕然とした。某有名ホラー映画のタイトルを混ぜ合わせたような邦題であり、予告の宣伝の仕方も完全にそれを狙っている。これでは映画自体がパクリと思われかねないし、普通にB級作品だという印象をあたえるだろう。はっきり言っておくが、この映画はB級作品のようなチープさはゼロだ。それどころか非常に丁寧に作られた真面目な作品で、おふざけもない。作品に泥を塗るような日本の宣伝担当者は呪い苦しむべきである。
●DAILYMOTION  
「A Dark Song」は良作です。黒魔術を信じるなんてアホだと思う人も多いでしょうし、確かに自業自得な感じもあります。でも、私たちだって占いや血液型診断など科学的根拠のないものに頼ることが多々あるように、人間はそういう神秘性に依存するものです。それが破滅をもたらすと他者に言われようと、明らかに胡散臭い雰囲気があろうと、一度足を踏み入れればハマっていく。そういう心理がこの映画では非常に繊細かつ入念に描かれていきます。