テルマエ・ロマエ

風呂に入ってタイムスリップ

「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」を受賞したヤマザキマリの同名コミックを阿部寛主演で実写映画化。古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが現代日本にタイムスリップし、日本の風呂文化を学んでいく姿を描くコメディドラマ。生真面目な性格で古き良きローマの風呂文化を重んじる浴場設計師のルシウスは、ふとしたきっかけで現代日本にタイムスリップ。そこで出会った漫画家志望の真実ら「平たい顔族(=日本人)」の洗練された風呂文化に衝撃を受ける。古代ローマに戻るとそのアイデアを用いて斬新な浴場を次々と製作し、話題となったルシウスは、時の皇帝ハドリアヌスからも絶大な信頼を寄せられるようになるのだが…。

原題:テルマエ・ロマエ / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年4月28日 / 上映時間:108分 / 製作会社: / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:59.8億円 / 次作:『テルマエ・ロマエII

★【スタッフ】
監督:武内英樹
脚本:武藤将吾
撮影:川越一成
音楽:住友紀人

★【キャスト】
阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢

【無料動画】

テルマエ・ロマエ(プレビュー)

テルマエ・ロマエ(プレビュー)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2012年5月17日) 
ローマ人を演じさせるのに顔の濃い人を集めた作品だとは聞いていたけど、かなり良い味出してました。わざとやってる感と本気でやってる感も適度にあって、コメディとしてすっきり見れました。紹介だけ見て気になっていたのは、日本人が外人を演じる違和感をどれだけごまかせるかですが、これは見ての通りです。コメディなんですから、ホントにローマ人というわけには行かないのは当たり前ですから。全く問題ありません。
映画FUN (2012年5月18日) 
コメディとして良質。違和感はうまくカバーされていましたね。まさか原作でこれを想定はしていなかったでしょうから。私は違和感無しで見ていました。阿部寛が現代に来た時の振る舞いもなかなか研究されていたのだと思います。市民と奴隷の階級が思考の前提となっていたり、トイレのドアなんかもちろん閉めませんし、布を必ず肩からかけていたり、コメディの中に本気があって、その点が笑えるポイントの一つでした。
BILIBILI (2012年5月29日) 
古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウスが現代日本にタイムスリップしてしまった事から、現代日本の風呂技術に驚きながら奮闘葛藤する姿を描くファンタジー映画。冒頭での無理やりのタイムスリップで、ドン引きするかと思いきや、それを凌駕して余りある勢いとノリで、それこそ「斬新なアイデア」で物語に引きこまれました。個人的には、お姫様抱っこで浮かれている真実をルシウスがあっさり落とすシーンが1番笑えました。最近の西洋では、お風呂に浸かる文化がほぼ無くなってしまっているが、この映画がローマ帝国があったイタリアで上映されたのをきっかけに、西洋のお風呂文化が見直されたら面白いですね。