シャーロック・ホームズ(1作目)

ロバート・ダウニー・Jr.がホームズを斬新に熱演

アーサー・コナン・ドイルが生んだ名探偵シャーロック・ホームズのキャラクターにインスピレーションを受けたオリジナルストーリーを映画化。19世紀末のロンドン。ホームズと医師ワトソンの2人は、怪しい黒魔術の儀式を行い、若い女性を次々と殺害するブラックウッド卿を逮捕する。だが、処刑されたはずのブラックウッドが蘇り、再び殺人事件が発生する…。

原題:Sherlock Holmes / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開日:2010年3月12日 / 上映時間:129分 / 製作会社:Silver Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 次作:『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

★【スタッフ】
監督:ガイ・リッチー(関連作品:『ロックンローラ』)
脚本:マイケル・ロバート・ジョンソン、アンソニー・ペッカム、サイモン・キンバーグ
撮影:フィリップ・ルースロ
音楽:ハンス・ジマー

★【キャスト】
ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、エディ・マーサン、ケリー・ライリー、ジェームズ・フォックス、ハンス・マシソン

【無料動画】

シャーロック・ホームズ (予告編)

シャーロック・ホームズ (予告編)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
70% Rotten Tomatoes

第82回アカデミー賞で作曲賞、美術賞にノミネート。

★【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画フリー
王道のミステリーなんだけど、アクション要素もあって本当に退屈しない。登場キャラが多くて少し複雑なとこはあるけど、万人受けしそうな映画で、これは人気が出るのも納得。台本に書かれた台詞やト書きをここまで魅力的な人物としてオーバーなくらい体現できるロバート・ダウニー・Jrといい、日本人はエキセントリックな俳優を好む傾向がありますね。本作だって完全に彼ありきでヒットした気がします。やっぱり俳優の力って偉大ですね。
●SPACEMOV 
推理小説の金字塔、シャーロックホームズシリーズの映画化ですが、違いはアクション。このホームズは戦いながら推理する、超好戦的アグレッシブ・探偵なのです。公開当時は武闘派シャーロック・ホームズということで話題になり、これのせいでホームズはこういうものだというイメージが固定化されてしまった気さえするほどの影響力。皆さん、原作小説も読みましょう。ちゃんと普通に推理しているのですから。たまにはこういうのもいいけど。
●DAILYMOTION
全ての謎がちゃんと最後に解き明かされていく展開は気持ちよく、キャラの絡みも素晴らしいし、見ごたえがあるアクロバットなキレのあるコンバットも楽しい。王道の娯楽作。高級感というか、重厚感のある映像になっていて、街並み、人の顔の印影、アンティークな家具等が美しいのも良い部分。ホームズの雰囲気を壊した側面もあるが、普通に映画化しても絶対に観てもらえないのでこれくらいの大味なリニューアルが一番ぴったりだと思う。