ヒトラーの審判 アイヒマン、最期の告白

ヒトラーの審判 アイヒマン、最期の告白

ヒトラーが信頼した男の真実に迫る

ヒトラーとナチスに忠誠を誓い、ユダヤ人の大量虐殺を主導したアドルフ・アイヒマンの半生を描き、その実像に迫る衝撃的な戦争ドラマ。第2次世界大戦終結から15年の月日が経過した。イスラエル諜報機関によってアルゼンチンで捕らえられたアイヒマンは、その後の裁判で死刑判決を受け、執行の時を待っていた。彼に最後の尋問をすることとなったイスラエル人の警官アヴナーは、彼の元へ足を運び始める…。

原題:Eichmann / 製作:イギリス・ハンガリー(2007年) / 日本公開日:2011年9月(DVDスルー) / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:彩プロ

★【スタッフ】
監督:ロバート・ヤング
脚本:スヌー・ウィルソン
撮影:マイケル・コナー
音楽:リチャード・ハーヴェイ

★【キャスト】
トーマス・クレッチマン、トロイ・ギャリティ、フランカ・ポテンテ、スティーヴン・フライ、デレイン・イェーツ、テレーザ・スルボーヴァ、ユディット・ヴィクトル、スティーヴン・グリーフ

【無料動画】

Eichmann – Official Trailer

Eichmann - Official Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月9日) 
人を公平に判断して、評価を下すことは難しい。自分の立場が相手と関係するものなら、なおさら難しい。ましてや憎むべき相手であるならとても困難であるのは言うまでもない。ほぼ不可能と言ってもよいだろう。この映画の題材はまさにそれそのものである。なにが真実かわからないし、誰が一番悪いのかさえ本当のことではわからない。でも、多くの人が殺されたことは間違いなく事実である。アイヒマンの罪を本当に裁ける人間なんているのだろうか。
映画フリー (2016年2月13日) 
この映画を観たとき、ミルグラムの実験やスタンフォード監獄実験を知らない人には、アイヒマンは随分とのらりくらりで「命令に従っただけ」と都合のいいように責任逃れしているように思えるかもしれない。しかし、実際、それが事実なのだろう。人間は権力が付随した命令さえあればどんな非道なことにも手を染めることができることが科学でも立証されている。それはつまり普通の人間が悪になるということ。この世に最初から極悪人は存在しないのだ。
SPACEMOV (2016年2月17日) 
物語は第二次世界大戦時代、ナチスドイツが行ったあまりにも有名なホロコースト、いわゆるユダヤ人の大量虐殺をテーマにした重たいテーマの作品なのはすぐにわかるでしょう。作品冒頭、ナチス政権下でユダヤ人の強制収容所に輸送する部署のトップに座し、その姿から処刑人と恐れられたアイヒマンが戦争終了から15年間の逃亡の末、アルゼンチンのブエノスアイレスで逮捕される所から始まります。当時の歴史について学べる映画でもあります。
DAILYMOTION (2016年2月19日) 
ナチスという限りなく大きい機械の歯車の一つとして働いた男。その実像に迫り、どのような人物であったか、駆け引きを交えながら暴いていく。ドラマは地味で淡々としているが、それゆえに見えない部分での葛藤を推察しながら解釈していく必要がある。アイヒマンという人物についてすでに知っているからこの映画は観る必要がないというようなものではない。そもそも彼に関して理解している人間なんていないのだから。真実は本人の中にしかない。