ハードキャンディ

ロリコンは死すべし

サンダンス映画祭で斬新なアイデアと過激な描写が話題を呼んだサスペンス・スリラー。出会い系サイトで出逢った14歳の少女、ヘイリーと32歳のカメラマン、ジェフ。3週間のチャットを続けた結果、ジェフはヘイリーを自宅へ誘い込むが、いつの間にかヘイリーが作り上げた罠にかかっていた…。

原題:Hard Candy / 製作:アメリカ(2005年) / 日本公開日:2006年8月5日 / 上映時間:103分 / 製作会社: / 配給:クロックワークス、ファントム・フィルム

★【スタッフ】
監督:デビッド・スレイド
脚本:ブライアン・ネルソン
撮影:ジョー・ウィレムス
音楽:ハリー・エスコット、モリー・ナイマン

★【キャスト】
エレン・ペイジ、パトリック・ウィルソン、サンドラ・オー、ジェニファー・ホームズ、ギルバート・ジョン

【無料動画】

ハードキャンディー

ハードキャンディー


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2010年1月10日) 
かなり際立った過激な話ですが、映画ですからご愛敬。性欲、欲望にまみれた男がたった14歳の少女に追い詰められるというのは、フィクションではあっても描きたくなる話じゃないですか。しかもそれを演じるのがエレン・ペイジですからね。今まで散々可愛らしい魅力で観客を魅了してきた彼女が牙をむく。インパクトは絶大です。ほぼ登場人物2人だけの密室劇だけど、画の撮り方が綺麗で印象的。この監督の今後の作品にも注目したい。
名無しさん(2010年1月24日) 
本作品に対し、批判的な感想は逆に本作を褒めることになる。不快・不愉快に思うことは本作が素晴らしいものであると褒め称えることになる。本作の全体的な最大の面白さというのは、男の醜さであると思う。そこもしっかり演じきったパトリック・ウィルソンもまた素晴らしい。作り手の問題意識をもうすこし鮮明にしてほしかった部分もありますが。単なるエンタテインメントとして割り切るなら、とても楽しめる映画だと思います。あんまりこの映画で社会問題をどうこう議論するタイプの作品じゃないでしょうね。あくまでジャンル映画として単純に楽しめればいいでしょう。