光(2017・河瀬直美監督)

その光にふたりが触れる

人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通して変化していく様子を描いたラブストーリー。視覚障がい者向けの「映画の音声ガイド」の制作を仕事とする美佐子は、弱視のカメラマン・雅哉と出会う。雅哉の無愛想な態度に反感を覚える美佐子だったが、彼が撮影した夕日の写真に感動し、いつかその場所に連れて行って欲しいと思うようになる。そして、視力を失っていく雅哉の葛藤を間近で見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめる。

原題:光 / 製作:日本・フランス・ドイツ(2017年) / 日本公開日:2017年5月27日 / 上映時間:102分 / 製作会社: / 配給:キノフィルムズ

★【スタッフ】
監督:河瀬直美(関連作品:『あん』)
脚本:河瀬直美
撮影:百々新

★【キャスト】
永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、小市慢太郎、早織、大塚千弘、大西信満

【無料動画】

河瀨直美監督『光』特報映像

(C)2017 “RADIANCE”FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年6月30日) 
ある映画の音声ガイドの脚本をつくる仕事をしている女性。私は今回、偶然にも字幕つきの上映を見ることができたのだが、これは、音声を聴くことの出来ない聴覚障がい者用のバージョンだったわけだ。台詞も音響効果も字幕で読むのは忙しいことがわかった。最後に、私は逃げたり消えたりしない、だからそこで待っていてというセリフで、伝わっていたんだ!と感動しました。目が見えるとか見えないとか、映画の音声ガイドという珍しい仕事など関係なく、普遍的な心の触れ合いがこの映画にはありました。
名無しさん(2017年7月7日) 
視覚障がいを持つ人のための音声ガイドを作る仕事。その作品を愛して、言葉を付け足すべきところ、鑑賞者に想像させるべきところを丁寧に選んでゆく。それをテーマにすることで河瀬直美監督の映画愛を表現したという。視力を失いかけている男、記憶を失いかけている母、主人公、それぞれに視覚的にも、物語的にも向けられるまばゆい光に胸がいっぱいになる。一番大切なものを失う喪失感や絶望感。視覚障害者の心の中。映画の中で登場人物の心情。さまざまな心情を登場人物だけでなく観てる人に想像させる映画だった。単純だけど複雑、アップの多いカメラワークがドキュメンタリーを視聴しているような不思議な感覚です。