光(2017・河瀬直美監督)

光

その光にふたりが触れる

人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通して変化していく様子を描いたラブストーリー。視覚障がい者向けの「映画の音声ガイド」の制作を仕事とする美佐子は、弱視のカメラマン・雅哉と出会う。雅哉の無愛想な態度に反感を覚える美佐子だったが、彼が撮影した夕日の写真に感動し、いつかその場所に連れて行って欲しいと思うようになる。そして、視力を失っていく雅哉の葛藤を間近で見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめる。

原題:光 / 製作:日本・フランス・ドイツ(2017年) / 日本公開日:2017年5月27日 / 上映時間:102分 / 製作会社: / 配給:キノフィルムズ

【無料動画】

河瀨直美監督『光』特報映像

(C)2017 “RADIANCE”FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

人の心にあるものは見えないですが、映画という媒体でならその喜怒哀楽も表現できます。そんな巧みなセンスで人間の感情を描いたヒューマンドラマを見るなら、動画配信サービスを使えばお得です。普段はレンタル店でDVDを借りるのが基本だという人でも安心です。ウェブサイトにアクセスして、見たい作品を選ぶだけ。すぐに視聴を開始できます。わざわざ返すなどの作業もなく、全く面倒な手間がないのも忙しい現代人に支持される理由です。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「光」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『光』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:河瀬直美(関連作品:『あん』)
脚本:河瀬直美
撮影:百々新

★【キャスト】
永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、小市慢太郎、早織、大塚千弘、大西信満

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
ある映画の音声ガイドの脚本をつくる仕事をしている女性。いろいろ知らないことを痛感した。私は今回、偶然にも字幕つきの上映を見ることができたのだが、これは、音声を聴くことの出来ない聴覚障がい者用のバージョンだったわけだ。台詞も音響効果も字幕で読むのは忙しいことがわかった。最後に、私は逃げたり消えたりしない、だからそこで待っていてというセリフで、伝わっていたんだ!と感動しました。これは新しい世界の扉です。
●映画フリー
目が見えるとか見えないとか、映画の音声ガイドという珍しい仕事など関係なく、普遍的な心の触れ合いがこの映画にはありました。一番大切なものを失う喪失感や絶望感。視覚障害者の心の中。映画の中で登場人物の心情。さまざまな心情を登場人物だけでなく観てる人に想像させる映画だった。不思議なふわふわ感覚が体を満たす。単純だけど複雑、アップの多いカメラワークがドキュメンタリーを視聴しているような不思議な感覚です。
●VIDEOEYNY 
世の中にある確かな仕事のひとつ。視覚障がいを持つ人のための音声ガイドを作る仕事。その作品を愛して、言葉を付け足すべきところ、鑑賞者に想像させるべきところを丁寧に選んでゆく。それをテーマにすることで河瀬直美監督の映画愛を表現したという。視力を失いかけている男、記憶を失いかけている母、主人公、それぞれに視覚的にも、物語的にも向けられるまばゆい光に胸がいっぱいになる。満たされていく命の光に画面が滲んでいく。