トレーニング デイ

トレーニング デイ

刑事としての一線を超えるべきか

血気盛んな新人刑事がベテラン刑事の指導のもとで、予想つかない事態に巻き込まれていく異色の刑事ドラマ。ロサンゼルス市警の麻薬取締課に配属となった新人刑事ジェイクは、ベテラン刑事のアロンソとコンビを組み、麻薬捜査のいろはをたたきこまれる。数々の大事件を解決し、麻薬に絡むあらゆることを熟知しているカリスマ刑事アロンソは、ジェイクの手本であり憧れの存在。「かよわい子羊でいるのか。獰猛な狼になるのか。それを選べ」と忠告するアロンソは、犯罪摘発のためならばいともたやすく自ら法を犯す。とまどうジェイクをよそに、アロンソの行動はさらにエスカレートしていく…。

原題:Training Day / 製作:アメリカ(2001年) / 日本公開日:2001年10月20日 / 上映時間:122分 / 製作会社:Village Roadshow Pictures / 配給:ワーナー

【無料動画】

トレーニング デイ(字幕版) (プレビュー)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

危険が蔓延る世界で緊迫感溢れる駆け引きが行われるサスペンスは思わず魅入ってしまうような面白さがあります。そんなハラハラドキドキを提供する作品を観たいときは、動画配信サービスを使ってお得に視聴してみましょう。このサービスはネットにつないでいればすぐに利用できるものなので、レンタル店でDVDを借りるのと違って面倒なことはありません。スマホで途中まで見て、家に帰ってからテレビで見ることも可能な便利さが支持されています。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「トレーニング デイ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『トレーニング デイ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アントワン・フークア(関連作品:『リプレイスメント・キラー』)
脚本:デビッド・エアー
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:マーク・マンシーナ

★【キャスト】
デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク、スコット・グレン、エバ・メンデス、シャーロット・アヤナ、トム・ベレンジャー、スヌープ・ドッグ、ハリス・ユーリン、レイモンド・J・バリー、クリフ・カーティス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.7/1072%69
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.03.74/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
ベテラン悪徳刑事とルーキー。よくある設定だがその対立の緊迫をジェットコースターのように一気に見せつける。デンゼル演技の凄みとLA麻薬捜査の尋常ではない殺伐としたアブノーマルな雰囲気が絶妙に噛み合っている。シリアスにお遊びが混ざるのを厭わない、場面優先的なアントワン・フークア演出も本作では光っている部分。何度でも見たくなるし、これを超えるアントワン・フークア監督作は見つからない。最初に完成した監督といえるだろう。
●OPENLOAD  
極悪人であれば正義のために平気で殺しても良いという倫理的にアウトな領域に身を使っている刑事。そんな先輩を持ってしまった新米刑事。このバディのようでバディではない関係性がドラマにピリピリした緊張感をもたらす。弟子が師匠を見習わないといけないという構造は所詮理想であり、正義のためであれば何でもありという発想もまた、ブーメランとして自分に跳ね返ってくる。そんな因果応報の寓話的なストーリーを見事に映像化している。
●SPACEMOV  
やっぱりデンゼル・ワシントンが最高。この人が上司だったら、それは逆らえないです。新人麻薬捜査官の超濃厚な1日は、全てこの男との出会いが引き金。でも本当に引き金を引くのは自分。自身の持つ正義感がそれを許さず終始葛藤するジェイク役のイーサン・ホークも良い演技。彼のどこか自信なさげな弱さが良く出ているし、それが変化していく見せ場も素晴らしい。ロスのストリートギャングの縄張りで実際に撮影したそうで、アメリカって怖い。