BLAME!

この世界の底から生き残れ!

「シドニアの騎士」の弐瓶勉が、1997~2003年に「アフタヌーン」で連載したデビュー作のSF漫画をアニメーション化。人類が都市の防衛システムによって排除される危機に瀕した未来世界を舞台に、世界を正常化させるため巨大な階層都市を探求する主人公・霧亥(キリイ)の姿を描く。過去のある「感染」によって無秩序に無限に増殖し続ける階層都市。人類は都市のシステムをコントロールできなくなり、防衛システムの「セーフガード」によって駆除・抹殺される対象になっていた。そんな中でなんとか生き延びたわずかな人々も、慢性的な食糧不足やセーフガードの脅威によって絶滅を待つのみだった。一方で仲間を殺された霧亥は、世界を正常化する鍵となる「ネット端末遺伝子」を求めて旅に出る。

原題:BLAME! / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年5月20日 / 上映時間:105分 / 製作会社: / 配給:クロックワークス

★【スタッフ】
監督:瀬下寛之
脚本:村井さだゆき
キャラクターデザイン:森山佑樹
音楽:菅野祐悟

★【キャスト】
櫻井孝宏、花澤香菜、雨宮天、山路和弘、宮野真守、洲崎綾、島崎信長、梶裕貴、豊崎愛生、早見沙織

【無料動画】

劇場アニメ『BLAME!(ブラム)』本予告② BLAME! The Movie Trailer②

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2017年6月5日) 
エッジの効いた映像はカッコいい、ローアングルを多様する構図もカッコいい、キャラデザもいい。暴走したテクノロジーに支配され、人間がセーフガードの駆除対象となったディストピアという設定もいい。ただ完結してない。それが最大の欠点。まさにここから一番面白くなるという部分でこのお預け。どうしてくれるんだ。これでは完全に飢え死にするじゃないか。弐瓶勉氏の近未来グラフィックワールドをもっと拡大する価値はあるはず。続編に期待!
BILIBILI (2017年6月7日) 
濃度と密度の高いSF原液をカリッカリの高解像度圧縮率で眼にダイレクトに注入してくる視線の快楽に酔いしれるSFファン必見の一作。「シドニアの騎士」で更に磨きのかかった、制作会社の3DCG技術の賜物。きっとこれは進化の途中であり、今後さらなる発達を見せてくれるはず。数十年後に「BLAME!」という初期作があったなと振り返る日が来ることを期待している。重力子放射線射出装置の発射音が癖になるくらいイイので、音も聴いてください。
CRUNCHYROLL (2017年6月8日) 
ほとんど完璧以上に描き上げられたヴィジュアルだが、そのわずかの欠けたポイントさえ観客の補完で何倍も魅力アップするという構成。イノセンス的な不気味さを醸し出す人間排除機械セーフガード、ブレードランナー的ではあるが、少し違う雰囲気の荒廃した都市。既存のSFのマッシュアップでありながら、このワクワク。これこそSF好きのための娯楽です。原作コミックのエピソードを抽出し、再構成して一本の映画になっているので原作も必読。