ランボー 怒りの脱出

再び戦場へ。「ランボー」シリーズ第2作

大ヒットアクション『ランボー』シリーズの第2作。閉鎖的な田舎町で警察を相手に激闘を繰り広げたベトナム帰還兵ランボーは刑務所に服役していた。そんな彼が、ベトナムで行方不明になった兵士(MIA)の調査という特別任務に就くことを条件に釈放される。現地での戦闘行為は厳禁とされていたが、米兵捕虜が虐待されているところを見たランボーは命令を破り、救出に乗り出す。

原題:Rambo: First Blood Part II / 製作:アメリカ(1985年) / 日本公開日:1985年8月3日 / 上映時間:96分 / 製作会社:Carolco Pictures / 配給:東宝東和 / 製作費:2500万ドル / 興行収入:3億万ドル / 前作:『ランボー』 / 次作:『ランボー3 怒りのアフガン

【無料動画】

ランボー 怒りの脱出 予告編

ランボー 怒りの脱出 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョルジ・パン・コスマトス
脚本:ジェームズ・キャメロン、シルベスター・スタローン
撮影:ジャック・カーディフ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

★【キャスト】
シルベスター・スタローン、リチャード・クレンナ、チャールズ・ネイピア、マーティン・コーブ、スティーヴン・バーコフ

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
再び地獄へと舞い戻る人間兵器ランボー! コブラのジョージ・P・コスマトス監督、ジェームズキャメロンとの共同脚本での2作目。前作は名作でしたが、本作は迷作かも知れません。でもこの2作目があってこそのランボーなのです。結局、ランボーのような戦場に堕ちた人間は、戦争の道具でしかない。この悲しい現実を暴力的な要素を隠しもせず、突きつける本作は、素直なのだろう。平和という言葉を安易に口にしないほどに。これが暴力の罪だ。
●映画FUN 
本作の製作は1985年。冷戦の終わりが見え始めた頃。狂気に侵食された70年代を振り払うかのように、色々な意味で派手で大味な作品が多かった時期だと思います。この映画も1985年度のラジー賞にて、最低作品賞・最低主演男優賞・最低脚本賞・最低主題歌賞の4部門を受賞しているほど批評家の評価は低いですが、ある意味、人は戦場に戻ってしまう恐怖を予言していたのではないですか。これがただのバイオレンス作品ではないことを確認して下さい。
●SPACEMOV
まさか批評家もこの後、アメリカが世界のテロ事件の引き金を引く戦争を起こして世界を混沌に叩きこむと予想しなかったでしょうね。この作品はそんなアメリカの戦争に依存している状態をいち早く予言していたのです。ランボーはただの筋肉男ではない。暴力という名のコミュニケーションをとるしかない男の姿を通して、私たちに負の連鎖を教えているのです。それがこんな結末になるのも納得です。だって今だって最悪の状況ではないですか。
●STREAMANGO
今作のランボーは弓を扱い、鏃に火薬が仕込まれた矢を射って大暴れ。まさに人間兵器。ひとりで軍隊でも倒せてしまうので、もはや敵はいない。隠密行動であるべき救出劇をド派手なやり返しを盛り込んだ事も画期的で、ひたすらカタルシスを高めることに純化しているので、こういうジャンルが好物の捕食者の諸君は満足してしまうのもしょうがない。現在では本作はネタ的な取り扱いになっているらしいが、そんなのは言語道断ではないか。