シュレック2

シリーズ第2弾。二人の愛を引き裂く敵が登場!

原題:Shrek 2
製作:アメリカ(2004年)
日本公開日:2004年7月24日
上映時間:93分
製作会社:ドリームワークス・アニメーション
配給:UIP
製作費:7500万ドル
興行収入:9億1900万ドル
前作:『シュレック』
次作:『シュレック3』

★【評価】
88% Rotten Tomatoes

第77回アカデミー賞で長編アニメーション賞、主題歌賞にノミネート。

おとぎ話と映画のパロディ満載で描くCGアニメーション『シュレック』シリーズの2作目。緑色の怪物シュレックが、昼は美女だが夜は緑色の怪物になるフィオナ姫を救って恋に落ちたシュレック。結婚した2人はフィオナ姫の両親の希望で彼らに会いに行くが、フィオナ姫の父親は娘の婿は王子が相応しいと考えて、長靴をはいたネコを雇ってシュレックを抹殺しようと画策する。

★【スタッフ】
監督:アンドリュー・アダムソン、ケリー・アズベリー、コンラッド・バーノン
脚本:J・デビッド・ステム、ジョー・スティルマン、デビッド・N・ワイス、アンドリュー・アダムソン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

★【キャスト】
マイク・マイヤーズ、キャメロン・ディアス、エディ・マーフィ、アントニオ・バンデラス、ラリー・キング、ジョン・クリーズ、ジュリー・アンドリュース、ジェニファー・ソーンダース、ルパート・エヴェレット、アーロン・ワーナー、コディ・キャメロン、アーロン・ワーナー、コディ・キャメロン、クリストファー・ナイツ

【無料動画】

シュレック2 – 予告編

シュレック2 - 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月2日) 
猫のうるうるした眼差しに弱いのは、万国共通なのですね。本作で学びました。フィオナはいつもいろんな選択を余儀なくされているけど、自分の意思が強いかっこいい女性。お母さんの芯の強さを受け継いでいたんだなって実感。一方の男のみっともなさは相変わらず、それでも主人公組は頑張ります。ドンキーのことが好きすぎてたまりませんし、9割うざいけど残りの1割でカバーしているのがいいです。シュレックは常に変わらないですね。
SPACEMOV (2016年2月12日) 
「シュレック」シリーズも一気見すると結構楽しいです。地味にCG技術の進化もわかりますし。童話のキャラ総動員の本作、魔法を使って姫を幸せにするはずの妖精の女王が実は一番策士で悪だったりして、前作同様に風刺が上手い。メタなストーリー展開は1作目よりも巧妙になっているくらいです。完成度の高い大団円へとつながっていて気持ちよいし、最後のオチも納得。結局は見た目ではない、本当の愛をするのは全作品で共通しています。
CRUNCHYROLL (2016年2月22日) 
フィオナがドラゴンの塔に閉じ込められた理由がわかる本作。ハンコック、ロードオブザリング、ビッグフィッシュ、スパイダーマン、ミッションインポッシブル、など映画のオマージュが楽しめるのでぜひ探してみましょう。今作は歌も素晴らしい。ドンキーとネコが一緒に歌う「Livin’ la Vida Loca」もいいし、ゴッドマザーの「Holding Out for a Hero」も最高。ラストシーンはノリノリで爽快に見られるのは前作と変わらず。安心感あります。