ザ・パイレーツ!バンド・オブ・ミスフィッツ

年間最優秀海賊賞は俺のものだ!

原題:The Pirates! Band of Misfits
製作:アメリカ・イギリス(2012年)
日本公開日:2012年8月24日
上映時間:88分
製作会社:アードマン・アニメーションズ
配給:
製作費:5500万ドル
興行収入:1億2300万ドル

★【評価】
86% Rotten Tomatoes

第85回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネート。

ギデオン・デフォーの小説作品「ザ・パイレーツ!」シリーズの第1巻「The Pirates! in an Adventure with Scientists」を映画化した3Dアニメーション。「年間最優秀海賊賞」を争奪するために、海賊のキャプテンが自らの相手と対決する。

★【スタッフ】
監督:ピーター・ロード
脚本:ギデオン・デフォー
音楽:セオドア・シャビロ

★【キャスト】
ヒュー・グラント、デビッド・テナント、イメルダ・スタウントン、マーティン・フリーマン、ジェレミー・ピベン

【無料動画】

The Pirates! Band of Misfits trailer 2012 official movie trailer

The Pirates! Band of Misfits trailer 2012 official movie trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月8日) 
日本では劇場公開されていない海外アニメーション映画がたくさんあります。この「ザ・パイレーツ!バンド・オブ・ミスフィッツ」もそのひとつ。「ウォレスとグルミット」や「ひつじのショーン」を手がけたことで有名なアードマン・アニメーションズの作品で、批評家の評価も高いのに、日本公開はなし。なんという酷いありさまなのでしょうか。こんな状態ですから、当然、日本の映画界はTVアニメの劇場版が反乱しているのも無理はないですね。
映画フリー (2016年2月16日) 
素晴らしい海賊映画でした。某大手映画会社が作る、飲んだくれで女たらしの口の回る海賊男のシリーズ映画を観るくらいなら、この作品を視聴する方が賢明な判断です。想像力に溢れた世界観。ユニークなキャラクターたち。マンネリ化していないエッセンスの数々。どれをとっても最高クラス。オスカーをとれないことは残念ですが、じゅうぶんそれに値する作品と言えるでしょう。こうした作品が存在する限り、アニメ映画界はまだまだ安泰です。
OPENLOAD (2016年3月23日) 
テストをします。海賊が好きですか? ユニークなアニメが見たいですか? イマジネーションに満ちた世界が好きですか? アードマンのクレイアニメが好きですか? 子どもで大人でも楽しめるものは好みですか? この中で2つ以上当てはまるのならば、この映画はあなたにぴったりです。最高の体験を約束してくれるでしょう。そして、間違いなく他のアードマンのクレイアニメを繰り返し見たくなる衝動にかられるはずです。迷うことはありません。
CRUNCHYROLL (2016年4月4日) 
「チキンラン」ほどの洗練さはないにせよ、この映画もアードマンらしいハイテンポでノンストップなギャグと笑いの連続で構成されています。本作で確信することは、この優れたスタジオは完全に自分たちの作品性を確立し、拡大しつつあるということです。それは他のディズニーやピクサー、イルミネーション、ドリームワークスなどの大きなスタジオでは絶対に敵わないことです。願わくばこの粘土のような素朴な優しさをそのまま維持してほしいです。