オープン・シーズン

自然の厳しさを知らないクマが森で大冒険

原題:Open Season
製作:アメリカ(2006年)
日本公開日:2006年12月9日
上映時間:86分
製作会社:Sony Pictures Animation
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作費:
興行収入:
次作:『オープン・シーズン2 ペットvs野生のどうぶつたち』

★【評価】
48% Rotten Tomatoes

人間に育てられた甘えん坊のクマが、生まれて初めて訪れた森で動物たちと大冒険を繰り広げるCGアニメーション。パークレンジャーのベスに育てられたクマのブーグは、町で毎日を楽しく愉快に過ごしていた。ところが、ある日ハンターに捕らえられたお調子者のシカ、エリオットを助けたことから、ブーグはオープン・シーズン(狩猟解禁)直前の森へ追い込まれてしまう。このままでは身の危険につながると焦るブーグは、なんとか町に戻ろうとするが…。

★【スタッフ】
監督:ジル・カルトン、ロジャー・アラーズ、アンソニー・スタッチ
脚本:スティーブ・ベンチック、ロン・J・フリードマン、ナット・モールディン
音楽:ポール・ウェスターバーグ、ラミン・ジャワディ

★【キャスト】
マーティン・ローレンス、アシュトン・カッチャー、デブラ・メッシング、ゲイリー・シニーズ、ジョン・ファブロー、ビリー・コノリー

【無料動画】

Open Season – Trailer

Open Season - Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月15日) 
シリーズ1作目で、これ以降もわりと続編が作られているのにも関わらずあんまり有名じゃないマイナーなアニメーション。製作はソニーなのに、この日本での存在感の無さ。心配になります。中身はいたって王道。ダラダラと観るにはちょうどいい内容で、暇つぶしに最適。動物がたくさん出てくるので、そういうアニマルムービーが好きな人は気に入るはず。狩猟の危機がという殺伐とした展開と隣り合わせながら、ちゃんと心温まる話になっています。
DAILYMOTION (2016年1月16日) 
人間社会で育てられた熊と、野生で物知りな鹿の冒険を描いた3DCGアニメーション作品。とにかくキャラデザが普通の動物からあまり離れないようにしているので、インパクトは弱いですが、そのぶんオーソドックスな楽しみ方はあると思います。CGは2006年当時のものなので今とは比べ物にならないですが、決してチープではないです。毛並みなど表現の難しい動物や自然を題材に、この時期にしては非常に頑張った映画なのではないでしょうか。
CRUNCHYROLL (2016年1月17日) 
人間に育てられたクマが自然で暮らすうちに本能に目覚め、やがて血肉に飢えていき、最終的には共に育ってきた人間を襲うという阿鼻叫喚の殺戮スリラー・アニマル・パニック。そんな映画ではないです。当然です。でも「オープン・シーズン」って狩猟解禁時期のことなんですね。日本だったら山開きみたい感じなのかなと思いますが。それよりもそんな狩猟エリアでなくともクマが消えたら大問題にならないのかと不安でしょうがないですよ。