ファーゴ(1996)

アカデミー賞で7部門にノミネート

原題:Fargo
製作:アメリカ(1996年)
日本公開日:1996年11月9日
上映時間:98分
製作会社:PolyGram Filmed Entertainment
配給:アスミック・エース、シネセゾン
製作費:
興行収入:

★【評価】
94% Rotten Tomatoes

第69回アカデミー賞で主演女優賞と脚本賞を受賞。

コーエン兄弟が贈る、ブラックユーモアをちりばめた異色のクライム・サスペンス。厚い雪に覆われるミネソタ州ファーゴ。多額の借金を抱える自動車ディーラーのジェリーは、妻ジーンを偽装誘拐して彼女の裕福な父親から身代金をだまし取ろうと企てる。しかし、誘拐を請け負った2人の男が警官と目撃者を勢いで射殺してしまい、事件は思わぬ方向へ発展していく…。

★【スタッフ】
監督:ジョエル・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:カーター・バーウェル

★【キャスト】
ハーブ・プレスネル、ウィリアム・H・メイシー、スティーブ・ブシェーミ、ピーター・ストーメア、フランシス・マクドーマンド

【無料動画】

映画「ファーゴ」日本版劇場予告

映画「ファーゴ」日本版劇場予告


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【雑学(トリビア)】
・映画冒頭に「これは実話である」という一文が示されるが、実際は映画のような経緯を辿った誘拐事件が起きた事実はなく、物語は完全なフィクションである。

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年9月6日) 
コーエンの才能をフルに発揮するシナリオが素晴らしい。誘拐、身代金、殺人、後悔、葛藤、疑惑、決断と、さまざまなテーマを心地よいテンポで描く傑作と断言できる。血生臭いシーンが続くと思えば、署長夫婦の暖かいシーンでホッコリさせ、程よい緊張感とニヤッと思わせる笑いで、クルクルと緩急をつける変わり映えが心地よい。全体に流れるペーソス溢れるテーマ曲が悲しげな印象を残し、後味は一周まわって爽快感さえあるのが不思議だ。
DAILYMOTION (2016年11月19日) 
アメリカの田舎町の名物と言えば何か? それは復讐の連鎖だ!ということで、定番の終わりなきリベンジ・スパイラルを描く一作で、その最高クラスの映画でもあります。冒頭に実話ですみたいな文章がありますが、でも嘘。しかし、こういう恨みの連続と暴力の発露はどこのアメリカの地方でも存在するのでしょうから、ある意味、どこにでもあるテンプレなのかもしれません。だから実話というのも、あながち間違いではないかもしれないですね。
STREAMANGO (2018年3月20日) 
「スリー・ビルボード」で2度目のオスカーを獲得した女優フランシス・マクドーマンドが初めてオスカーを獲得した記念すべき作品。コーエン兄弟の代表作の一つでもあり、ジョエル・コーエンとフランシスは夫婦でもあることで有名。次から次へと止まらない負の連鎖。一捻りも二捻りもあるサスペンス。先の読めない展開の中で本作でも独特の存在感だったフランシス。次に何をするのか全く読めない素晴らしい脚本と登場人物たちに酔いしれる。