愛についてのキンゼイ・レポート

性に迫った研究者の知られざるドラマ

実在したキンゼイ博士と妻クララの絆を描く人間ドラマ。1948年、セックスについての統計をまとめた「キンゼイ・レポート」を出版して全米にセンセーションを巻き起こしたインディアナ大学の助教授キンゼイ博士。著作はベストセラーになるが、キンゼイには苦難の日々が待っていた。

原題:Kinsey / 製作:アメリカ(2004年) / 日本公開日:2005年8月27日 / 上映時間:118分 / 製作会社:American Zoetrope / 配給:松竹

★【スタッフ】
監督:ビル・コンドン(関連作品:『ゴッド・アンド・モンスター』)
脚本:ビル・コンドン
撮影:フレデリック・エルムス
音楽:カーター・バーウェル

★【キャスト】
リーアム・ニーソン、ローラ・リニー、クリス・オドネル、ピーター・サースガード、ティモシー・ハットン、ジョン・リスゴー、ティム・カリー、オリバー・プラット、ディラン・ベイカー、リン・レッドグレーヴ、ジュリアンヌ・ニコルソン、ウィリアム・サドラー、ジョン・マクマーティン、ヴェロニカ・カートライト、ウィル・デントン、ヘザー・ゴールデンハーシュ、ダグマーラ・ドミンスク、ベンジャミン・ウォーカー

【無料動画】

Kinsey (2004) – Movie Trailer

Kinsey (2004) - Movie Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
90% Rotten Tomatoes

第77回アカデミー賞で助演女優賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画フリー
性生活に関する研究書キンゼイレポートをまとめた人物。その行為は他者から見れば変わり者かもしれない。往々にして研究者は変わったことをするのが仕事で、それ自体は自己満足かもしれない。社会にインパクトを与えようなんて思っていないのかもしれない。しかし、それが世界で迷える少数の心を救うのなら、たとえ偶然でも、正義という意図がなくとも、それはたたえるべきことではないか。社会は何がきっかけで動き出すかわからないのだから。
●DAILYMOTION 
アメリカ国民の性意識に関する調査報告をおこなった動物学の教授が、「性の解放」の担い手としてある側面では脚光を浴びる一方で、「性の暴走」を助長する人物として別の方向からは危惧されるようになってしまうというジレンマ。あくまで科学的に調査しているだけなのだから、反論は科学で行うべきだが、大衆はそんなことは気にしない。宗教的道徳観がまかり通っていたゆえに、反逆者扱いされるのは可哀想だ。ガリレオもこんな気持ちなのか。
●STREAMANGO 
1万8000人から性について聞きだしたキンゼイ先生の科学者としての情熱に圧倒されたが、実際はその調査手法にいろいろと問題点が指摘されている。その詳細は知りたければネットでチェックすればいいのでぜひ。研究のために奥さんを寝取らせたり、男を試してみたり、正直「こいつアホか」と思ってしまったが、その極端な情熱が前代未聞のことを成し遂げるには必要なのだろうか。私にはとてもマネできないが、とりあえず凄い人だとは思う。