シンドラーのリスト

スピルバーグが描く、ホロコースト

第二次大戦下、1200人のユダヤ人をナチスによる組織的大量虐殺(ホロコースト)から救った実在のドイツ人実業家の姿を描いた大作。39年、ポーランド南部の都市クラクフにドイツ軍が侵攻した。ドイツ人実業家のオスカー・シンドラーは、一旗揚げようとこの街にやって来た。彼は金にものを言わせて巧みに軍の幹部たちに取り入り、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。ユダヤ人会計士のイツァーク・シュテルンをパートナーに選んだシンドラーは、軍用ホーロー容器の事業を始める。

原題:Schindler’s List / 製作:アメリカ(1993年) / 日本公開日:1994年2月26日 / 上映時間:195分 / 製作会社:Amblin Entertainment / 配給:UIP / 製作費:2200万ドル / 興行収入:3億2100万ドル

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ(関連作品:『ジュラシック・パーク』)
脚本:スティーブン・ザイリアン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
リーアム・ニーソン、ベン・キングズレー、レイフ・ファインズ、キャロライン・グッドオール、エンベス・デイビッツ、マルゴーシャ・ゲベル、シュムリク・レヴィ、アンジェイ・セヴェリン、フリードリッヒ・フォン・サン

【無料動画】

映画「シンドラーのリスト」劇場予告

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
96% Rotten Tomatoes

第66回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、美術賞を受賞。

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
「紙の外は死の淵だ」それは壮絶な世界。一部の人間の命令によって大勢の人の命が取捨選択されていく。それを救えるのはたったひとつの書類。シンドラーのしたことは確かに凄いが、事務作業で人の命運が決まってしまう現実は恐ろしい。モノクロで3時間超の大作だが、何回でも観る価値がある。「あと1人、あと10人救えた、このバッチで人間1人だぞ」そのセリフが意味するのは、平和と戦争が隣り合わせに存在していることなのかもしれない。
●映画フリー
当初は格安で人員を雇えるということでユダヤ人を雇っていたシンドラーであるが、徐々に救いたいという気持ちに変わってゆき、最終的に自分の全財産を使ってでもユダヤ人を1人でも多く救いたいという気持ちに変化していく。労働は人を救うというこの映画の示す概念は、ブラック企業が蔓延している日本に痛烈な皮肉として響く。企業は労働者を暴力や差別から救わなくてはいけない。決して企業が暴力や差別をする側になってはいけないのだ。
●SPACEMOV
これぞまさにスピルバーク監督渾身の力作でしょう。監督自身がユダヤ人であり、制作する資格と使命を持ち合わせていたと思いますね。「今ならユダヤ人を殺せるぞ。殺すか、人間として家族の元に帰るか、どちらかを選べ!」人間とは何ぞやを鋭く訴えかけています。モノクロ映像の中に、パートカラーがあり、一つの命をしっかりと視覚に訴えるところなんかは、言葉を失うぐらいのインバクトがあり、この監督は天才だと思いました。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする