セカンドバージン(映画)

セカンドバージン

鈴木京香と長谷川博己が共演、不倫ドラマ

鈴木京香主演の大石静脚本による同名NHKドラマの劇場版。マレーシアのクアラルンプールを舞台に、離婚経験のある45歳の敏腕出版プロデューサーの中村るいが、17歳年下で既婚者のネット証券会社社長・鈴木行との不倫におぼれていく姿を描く。出版業界では名の知れた有能な専務である中村るいは、出張先のマレーシアで鈴木行と運命の再会をする。彼は、るいよりも17歳下で、既に万理江という妻がいたが、かつてふたりは激しく愛し合った恋人同士だった。ところが、日本から遠く離れた異国の地での思いがけない再会もつかのま、行は彼女の目の前で突然の銃弾に倒れてしまう。そしてその混乱の中、行はるいの前から姿を消した。突然の別れから5年がたった…。

原題:セカンドバージン(「セカンド・バージン」) / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年9月23日 / 上映時間:105分 / 製作会社:NHKエンタープライズ / 配給:松竹

【無料動画】

映画『セカンドバージン』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:黒崎博
脚本:大石静
撮影:笠松則通
音楽:めいなCo.

★【キャスト】
鈴木京香、長谷川博己、深田恭子、天野義久、ヌル・エルフィラ・ロイ、田丸麻紀、橋本一郎、北見敏之

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.01.84/5.002.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
お二人の恋愛の心情は、とても共感できました。ドラマでは、地位や名誉、美味しいレストランに、モデルルームのような家。少し格上の世界で暮らす現代人として生きる、個性的な周囲の人々。ドラマでは、それを全面に出したことで、お洒落な世界観の中での恋愛にも見えましたが最初から何も持っていない普通の二人でなく、それを全部持っていた人たちが、それを全部、何もかも捨てたときに「見えてくるもの」がじんわりと伝わりました。
●映画フリー 
不倫を題材にした作品はなぜこうも人々の関心を寄せるのか。それは誰もが押し隠しているタブーに触れるからなのか。美しくも、名もなき、異国の小さな病院で、叙情的な映像と共に表現された二人の心情。この状況は決して良い状況では無いけどそれこそが、本当の贅沢な時間であるのかもしれないと感じました。抱きたいと、行さんと言った瞬間が、最もグッときました。人を本当に愛し、人から本当に愛されたことのない人には理解し得ないでしょう。
●BILIBILI  
思わず感情移入してしまいました。京香さん演じるるいと長谷川さん演じる行の“愛の結末”に涙がこぼれてしまいました。なんて切ない愛のカタチなのでしょうか。私は映画「セカンドバージン」の世界にどっぷり浸かり、豊かな時間を過ごすことができました。淡々と進むストーリーに、大人の言葉にできない感情や、どうしようもない気持ちが感じられて、人を本気で愛すると命を落とすこともあるという、大石静さんの言葉に納得。
●PARAVI 
ドラマは女性の視点で、映画は男性の視点でということで行さんの気持ちが盛り込んであって、ダークな行さんばかりだったけど挫折・すさんだ生活を経て人間的に強く成長している感じがしました。寝てるシーンばかりなのに、終わってみると長谷川さんの存在感ばかり心に残りました。ドラマ版では確かに最後があっけない感じがあったので、最後のところを丁寧に描いてくれて大満足です。劇場化する意味では新しい側面を見せてくれたのは良かったです。