アイリス THE LAST

巨大な陰謀が映画でも巻き起こる

イ・ビョンホン主演の大ヒット韓国ドラマ「アイリス」を映画化したスパイアクションで、韓国・日本・上海・ハンガリーでの壮大な海外ロケでおくる過激なスピード・アクション。ドラマでは描かれていない“アイリス”の真実がすべて映画で明かされる衝撃的なラストシーンの意味に注目。韓国国家安全局の最精鋭特殊要員ヒョンジュンは、ハンガリーでの任務中に深い傷を負ってしまう。しかも、ヒョンジュンは助けを求めた副局長のペク・サンのいきなりの裏切りによって、親友チン・サウに命を狙われるはめになる。そのときから、ヒョンジュンはとてつもない巨大な陰謀の渦に巻き込まれていた。この窮地を脱することはできるのか…。

原題:Iris The Last / 製作:韓国(2010年) / 日本公開日:2011年1月8日 / 上映時間: / 製作会社: / 配給:角川映画 

★【スタッフ】
監督:ヤン・ユノ、キム・ギュテ
脚本:チョ・ギュウォン、チェ・ワンギュ、Kim Hyun-jun、Kim Jae-un

★【キャスト】
イ・ビョンホン、キム・テヒ、T.O.P、キム・ソヨン

【無料動画】

映画『アイリス -THE LAST-』予告編

映画『アイリス -THE LAST-』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2011年2月15日) 
テレビドラマは見ていないので、超特急で進行する物語について行くだけでも大変。イ・ビョンホンとキム・テヒは韓国情報部の同僚で愛し合っていた。しかし、ブタペストでの北朝鮮重要人物の暗殺ミッションで、韓国側からも口封じのため命を狙われ、キム・テヒを目の前で殺されてしまう。復讐を誓ったビョン様は北朝鮮側に寝返り、ソウルのテロ攻撃に加担する。あとは南北入り乱れて、どっちがどっちか分からなくなるようなオセロ状態。銃撃戦のロケも凄まじいが、美しいキム・テヒを見ているのが一番楽しかった。ドラマで丁寧に描かれた人物像や精神面の描写がすべて削ぎ落とされて描かれたわけではないのかな。ヒョンジュンの穏やかな表情に後悔や憎しみはなく「愛と安らぎ」が詰まっていました。
名無しさん(2011年2月26日) 
良質のスパイアクション映画です。アクションシーンはド派手ですし、脚本も練られていて、人間ドラマも熱く、俳優の演技もさすがのもの。大きな画面で見る分迫力は増していますが、ドラマ版にあったような感動はこの作品には無かった。一応ドラマ版の謎が解明されるわけなんですが、そんなのは最終回でやるべきことでしょう。狙撃犯のどんでん返し、ラストのキム・ヒョンジュンの恋人を見つめながら、切なさと悔しさと、そして何だか、最後を迎えてほっとしたような、様々な表情に酔いしれていました。ドラマを映画化する場合、今回のように同時進行で撮るのではなく新たなシナリオで、製作費もかけて作るべきだと思います。しかしながら、今回の「IRIS THE LAST」は、様々な要因で、それが出来なかったのでしょうね。