バッド・バディ!私とカレの暗殺デート

バッド・バディ!私とカレの暗殺デート

手に入れたのは理想のカレと暗殺能力!?

暗殺能力を覚醒させる失恋女子が大活躍する恋愛アクション。好きになるのはいつもダメ男ばかりで、二股をかけられるなど失恋ばかりを繰り返すマーサの前に、彼女が考える理想の男フランシスが現れる。ヒットマンでありながら、人殺しが許せず、依頼人を殺してしまうという一風変わった変わったフランシスとマーサは急速に惹かれあっていく。そして、世界中の殺し屋から命を狙われているフランシスと行動を一緒にしていく中で、マーサはこれまで自分が気づくことのなかった「最強の殺し屋」の素質に目覚めていく。

原題:Mr. Right / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2017年5月13日 / 上映時間:95分 / 製作会社:Amasia Entertainment / 配給:パルコ、ハピネット

★【スタッフ】
監督:パコ・カベサス(関連作品:『トカレフ』)
脚本:マックス・ランディス
撮影:ダニエル・アラーニョ
音楽:アーロン・ジグマン

★【キャスト】
アナ・ケンドリック、サム・ロックウェル、ティム・ロス、ジェームズ・ランソン、アンソン・マウント、マイケル・エクランド、ダグラス・M・グリフィン、ルイス・ダ・シルヴァ・Jr

【無料動画】

「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」予告編

(C) 2016 Right Productions, LLC


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2017年6月2日) 
どう考えても傍から見たらイかれてるバカップル。彼女の才能がノンストップで開花していく姿をツッコみながら楽しく見ましょう。サムロックウェルが凄腕の殺し屋で、どうしてこの役者はぶっとんでいる姿が似合うのだろうか。「何やってたの?」「人、殺してた」こんな会話の連続なので、もう常識は通用しない。デートムービーにぴったりというけれど、結構クセはあるので、そこの部分の調子合せも重要かも。キスシーンは可愛いのでそこを期待!
DAILYMOTION (2017年6月5日) 
あなたの好みの恋人はどんな人ですか。ナイフや包丁バンバン投げつけてくる彼氏とかどうでしょう。そんな人、いないって? いるんですよ、ここに。クソな男と別れて傷心真っ只中に出会った男。男も彼女に一目惚れ。よし、イチャイチャだと思ったら…。あれれ。なんか変なことになってきたぞ。そんなトラブルに巻き込まれるヒロインを演じるのは、ドタバタ劇ならまかせろのアナ・ケンドリック。彼女のファンであれば、問題なく楽しいでしょう。
STREAMANGO (2017年6月7日) 
原題は「Mr. Right」で、作中でアナの相方役サム・ロックウェル演じる凄腕暗殺者のコードネームなんですよね。タイトルロールは彼の動きに合わせてワイプで出てくるし、エンドクレジットのキャストでも彼が最初。つまり、本来はサム・ロックウェル主演映画のヒロインがアナ・ケンドリックなんですね。でも、邦題は完全に女性視点。こうでもしないと売れないという戦略もわかりますけど、なんか切ないな~。そんなアナサム映画をぜひ堪能あれ。