アドレナリン ハイ・ボルテージ

もっと俺を興奮させてくれ!

ジェイソン・ステイサムが、アドレナリンを分泌し続けないと死ぬ男を演じた『アドレナリン』の続編。別タイトルは『アドレナリン2 ハイ・ボルテージ』。殺し屋のシェブは、ヘリコプターから落下してロサンゼルスの路上に叩きつけられたところを、謎の中国系ギャングに拉致されてしまう。その3カ月後、やっと目を覚ましたシェブは自分の体に電池式の人工心臓が埋め込まれていることに気付く。自分の心臓を取り戻すためギャングの行方を追うシェブだったが、人工心臓には定期的な充電が必要で…。

原題:Crank 2: High Voltage / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開日:2009年9月26日 / 上映時間:96分 / 製作会社:Lakeshore Entertainment / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

★【スタッフ】
監督:マーク・ネベルダイン、ブライアン・テイラー
脚本:マーク・ネベルダイン、ブライアン・テイラー
撮影:ブランドン・トゥロスト
音楽:マイク・パットン

★【キャスト】
ジェイソン・ステイサム、エイミー・スマート、クリフトン・コリンズ・Jr.、エフレン・ラミレッツ、バイ・リン、デビッド・キャラダイン、レノ・ウィルソン、ジョセフ・ジュリアン・ソリア、ドワイト・ヨーカム

【無料動画】

映画 『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』予告編◆9.26公開◆新宿バルト9

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年4月10日) 
前作よりコメディ要素が増えた気もするけど、そもそも前作からバカ全開なのでこれは平常運転。大暴走というほうが正しいけど。今回は心臓が取られるのですが、死ぬどころかますます元気でハイテンションなのが不思議。ハンディキャップなんてものともしていない。電気バチバチでアドレナリンMAX。それが全て。そんなアホなノリにこちらも全力でのっかっていきましょう。観客もエキサイティングしないと、主人公は死にます。きっとそうです。
SPACEMOV (2016年5月11日) 
内容の流れは前作の時と同じ、特に設定も変えておらず超シンプル。相変わらずグロい描写はあるし、無駄に人は沢山死ぬし、無駄におぱーいは出るしで、何も学習していない知能指数が限りなくゼロに近いスタイルが最高です。実際のポルノ女優や男優が出演するネタもあったり際どいネタ満載だけどキライじゃない。アクションシーンは荒々しいカット割りで映画に合っていて迫力満点。これはバカのためのバカ映画。お利口さんは帰って下さい。
OPENLOAD (2016年6月12日) 
今度は心臓がバッテリー式。ペースメーカーというか、ただのサイボーグ。充電しないと死んでしまう設定で、自分の心臓を取り返す為に、ただストレートにがむしゃらに奮闘する。ノンストップおバカエロありアクション炸裂の痛快作は2作目でも止まる気配はない(止まったら死ぬ)。メイキング映像とか監督インタビュー観てると、楽しんで作ったんだなという事が伝わってくるので、本当に平和な作品です。みんな、「アドレナリン」でハッピー。