真夏のオリオン

真夏のオリオン

きっと帰ると、オリオンの星に誓った

池上司の小説「雷撃震度一九・五」を映画化した戦争アクション。太平洋戦争末期、互いに姿の見えないまま激闘を繰り広げる日本海軍イ-77潜水艦と米国海軍駆逐艦パーシバルの乗組員たちの姿を描く。倉本いずみの元にアメリカから届いた手紙に添えられていた1枚の楽譜。それは、いずみの祖母・志津子が、船乗りたちが吉兆をもたらすと信じる真夏の空に輝くオリオン座に祖父・倉本孝行への想いを託して書いた「真夏のオリオン」という曲だった。そして、64年前の夏、潜水艦の艦長だった倉本がアメリカの駆逐艦と繰り広げた戦闘の記憶を呼び起こす。

原題:真夏のオリオン / 製作:日本(2009年) / 日本公開日:2009年6月13日 / 上映時間:119分 / 製作会社: / 配給:東宝

★【スタッフ】
監督:篠原哲雄(関連作品:『山桜』)
脚本:長谷川康夫、飯田健三郎
撮影:山本英夫
音楽:岩代太郎

★【キャスト】
玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦、平岡祐太、黄川田将也、太賀、松尾光次、古秦むつとし、奥村知史

【無料動画】

[HD]真夏のオリオン 予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
登場シーンから機関長が渋い。ベテランの風格を存分に漂わせた凄みあるあの人は誰?と調べたらまさかの吉田栄作さんでした。トレンディドラマには興味なかったので観ていなかったのですが、あんなにいい役者さんだったとはびっくりしましたね。望郷の想い、危機を脱するキー、そしてラスト、敵対していた相手に対して敬意を表するメッセージとして。なにより説明のために台詞を多様していない。
●映画フリー
人物に対して誤解な与えがちなシーンに対しても、その後のシーンに繋がり、しっかり回収されています。脚本家が実にいい仕事をされています。戦闘シーンの駆け引きも面白かったです。SFチックなローレライと違って、この作品は戦う潜水艦の魅力が大きくクローズアップされていました。 敵の行動の裏を読み、裏をかき、繰り広げられる駆逐艦との駆け引きは面白かったです。当時の潜水艦内部が細かく再現されており満足のいくものでした。
●BILIBILI
海の中に閉じ込められどこにも逃げ場のない潜水艦の恐ろしさもリアルに表現されていたと思います。まさに生き抜いた時代の1ページを表す群像劇でもあって。その人達が戦後頑張ってくれたおかげで、今の豊かで平和な日本が存在するのです。不思議な励ましをもらえるような映画でした。これは見て損はないですし、戦争というものについて考える意味でも一見の価値はあるのではないでしょうか。
●DAILYMOTION 
潜水艦という閉じられた空間で、搭乗員の内面を描いた映画は、新鮮さがありました。キャストがどうとか言う前に、このような軍人もいたのだ、という事を知って欲しいです。若い人が太平洋戦争を知るきっかけになれば、この映画は未来への水先案内人の役割を果たすと思います。確かにストーリーが出来すぎで、美談すぎるかもしれませんが、実際の太平洋戦争で日本国民全員が死んだわけではないし、生還した兵士もたくさんいます。