グリズリーマン

クマに誰よりも近づきすぎた男、その末路

12年間にわたってアラスカでグリズリーの保護活動をしていた男、「グリズリーマン」ことティモシー・トレッドウェルの姿を描いたドキュメンタリー。本人は2003年10月5日、カトマイ国立公園でガールフレンドと共にグリズリーに襲われて死亡したが、彼の残した莫大な映像をもとに制作された。

原題:Grizzly Man / 製作:アメリカ(2005年) / 日本公開日:2005年9月(DVDスルー) / 上映時間:103分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク
撮影:ペーター・ツァイトリンガー
音楽:リチャード・トンプソン

★【キャスト】

【無料動画】

グリズリーマン(字幕版)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
92% Rotten Tomatoes

第31回ロサンゼルス映画批評家協会賞でドキュメンタリー映画賞を受賞。

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月9日) 
長年クマの保護活動をしていたティモシートレッドウェルのドキュメンタリー。グリズリーに襲われて亡くなるまでのたくさんの映像が集められているが、ただの映像集ではない。ティモシーは動物に対して何度も「I love you」と口にする。もちろん、グリズリーに対してまでも。しかし、それは彼の一方的な片思いだったのか。最後は無残な死が待っていた。これは野生の恐怖をあらためて教えてくれる、とてつもない映像なのは間違いない。
映画フリー (2016年1月11日) 
動物が大好きでひたすら「愛情を示すことが正しい!」みたいな人はいる。自然保護でさえもその感情ありきで推し進めることはよくある。しかし、それはあくまで人間側の自己満足でしかない。結局、動物側が何を思っているのか、考えているのかはわからない。人間と野生動物には越えられない壁があるのだ。それを理解していない人には、ぜひこのドキュメンタリーを見せることをおすすめする。クマのことをわかったような気になってはいけない。
OPENLOAD (2016年1月15日) 
有名なシーンといえばこれ。トレッドウェルが熊に襲われた時も、ハンディカメラはキャップがついたまま作動していたので、熊に食われていくその過程がリアルタイムに音声記録として残されたというもの。といっても、このドキュメンタリーではそれは示されないので、内容は不明なのだが。ちなみに、ネットに出回っているのはフェイクだと思われるので、注意だ。クマを愛した男がクマに殺されるという印象的な結末は私たちに何かを示すのか。
海外コメント (2016年6月19日) 
ドイツの狂人の魔術師ヴェルナー・ヘルツォークによって書かれ、監督され、ナレーションされたもので、見る価値がないものはほとんどなく、最も魅力的で魅力的で面白いドキュメンタリー映画を収めています。主題はティモシー・トレッドウェルという環境学者で、グリズリー・クマのアラスカ野生動物保護でここまで有名人になった人は誰もいません。トレッドウェルは、共存する人々の間で死のような運命が来ると全然信じていない。