ビリー・リンの永遠の一日

アカデミー賞常連の監督が描く帰還兵の物語

19歳でイラク戦争の英雄となった、青年ビリーの戦争体験と心の葛藤を、美しい映像とともに描いたドラマ。イラク戦争での活躍がメディアに取り上げられたことで「英雄」に祭り上げられる19歳の青年ビリー・リン。帰国後故郷で凱旋ツアーに参加するなか、ビリーは「英雄」としての自分に疑問を感じる。そして、アメリカンフット・ボールの試合に招かれた彼は、スタジアムで巻き起こる大歓声を耳にしながら、「英雄」としての現在と戦場にいた頃の過去の記憶が交差する永遠のような一瞬を経験する。

原題:Billy Lynn’s Long Halftime Walk / 製作:イギリス・中国・アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年10月(ネット配信) / 上映時間:113分 / 製作会社:Studio 8、LStar Capital、Film4 / 配給: / 製作費:4000万ドル / 興行収入:3090万ドル

★【スタッフ】
監督:アン・リー(関連作品:『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』)
脚本:サイモン・ビューフォイ

★【キャスト】
ジョー・アルウィン、クリステン・スチュワート、クリス・タッカー、ギャレット・ヘドランド、ビン・ディーゼル、スティーブ・マーティン

★【雑学(トリビア)】
・日本では2017年2月11日に劇場公開を予定していた。

【無料動画】

『ビリー・リンの永遠の一日』3月7日ブルーレイ&DVD&UHD発売/2月2日よりレンタル開始

© 2016 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and S8 Billy Lynn, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2017年12月15日) 
戦争を始めるには大義名分が必要という大人の事情に対して、時間が経過してくると戦争の正当性に疑問を持ち始める国民のために今度は「英雄」を作りあげる。その矢面に立たされた青年のお話。いつの時代になってもこのやり方は変わらず、利用され続けている。しかし、当人は苦しんでいるのだ。心的外傷後ストレス障害をビジュアルで表現する手法は監督ならでは。アメフトのハーフタイムショーの映像とフラッシュバックは言葉にできない。
SPACEMOV (2018年2月1日) 
英雄を賛辞する人もいれば、嫌みを言う人もいる視点の妙な生々しさに分からなくもないリアルさを感じていくが、日本は戦争のヒーローというのが現状いないので、あまり親近感は沸かないかもしれない。PTSDに向き合った心理ドラマとして見るにはかなりの異色作。そういう意味では面白い。映画的に言うと起伏があまりなくずっと同じ温度なので退屈ではあるが、アン・リー監督の表現テクニックを好む人は何も問題なく鑑賞できるだろう。
DAILYMOTION (2018年3月12日) 
わかりやすい恐怖やトラウマだけでなく、戦場にいた人間がどれだけメンタルをやられるかを肌で感じられる映画だった。最悪の1日のおかげで英雄になり、取り残された気持ち、周りとの、日常とのギャップ。こういう孤立感に陥った人は本当にどうすればいいのだろうか。だってみんなは楽しそうに自分をたたえるけど、本人の気持ちは違うわけだから。かといって変に反発すると、偉そうだと思われるし…。絶対に辛いのは間違いないよなと思う。