バトル・オブ・バルジ

たった1台の戦車で、ドイツ軍に挑め!

原題:Ardennes Fury
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2015年4月(DVDスルー)
上映時間:88分
製作会社:The Asylum
配給:アルバトロスフィルム
製作費:
興行収入:

ナチスが大反攻を開始した“バルジの戦い”にて連合軍が発動したアルデンヌ・フューリー作戦を描いた戦争映画。1944年。連合軍とドイツ軍の激しい戦闘が続く、フランス北部のアルデンヌ地方。連合軍は大規模な空爆による“アルデンヌ・フューリー”作戦を計画し、敵をせん滅することに決める。その起死回生の作戦の決行が目前にせまる頃、ランス軍曹率いる米軍戦車小隊は、ドイツ軍に囚われていたクローデットという民間人女性を救出した。彼女が運営する孤児院は敵地内に位置し、数時間後には空爆により焦土と化す危険な場所だった。このままでは罪のない民間人たちの全滅は避けられない。孤児たちを救うため、ランスは最前線への突入を決断し、決死の任務に挑むのであった。

★【スタッフ】
監督:ジョセフ・J・ローソン
脚本:スティーヴン・ローレンス
撮影:リチャード・ヴィアレット
音楽:クリス・リーデンハウアー

★【キャスト】
トム・ステッドハム、ビル・ボーヘス、ラリー・ガメル・Jr、ヤーロン・アーバス

【無料動画】

バトル・オブ・バルジ

バトル・オブ・バルジ


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月10日) 
アサイラムとアロバトロス、この2社がタッグを組むと碌なことにならないのはB級映画界の常識。そして、本作はどんなありさまなのか。原題は「Ardennes Fury」。その名の通り、ブラピと愉快な戦車乗りを意識した作品なのは間違いない。明らかな便乗映画である。しかし、なぜか邦題は便乗していない。ジャケットの絵はもろにパクっているのにもかかわらず。この引く引かないの決め手はどこにあるのだろうか。気になるが、それは謎のままだ。
STREAMANGO (2016年1月23日) 
邦題からバルジ大作戦を連想しますが、基本無視してかまわないです。というかこの映画に対してはあらゆる期待をしても無駄なのでスルーしましょう。あなたのハードルを地面にめり込むくらいに下げておけば、この作品もなんとかギリギリで飛び越えていけるはずです。しかし、なぜこうも次々と大作に乗っかろうとする企画を思いつくのでしょうか。不思議でなりません。その情熱があればオリジナル作品くらいは普通に作れそうなのに…。
DAILYMOTION (2016年1月26日) 
キャッチコピーは思いっきり「フューリー」。でもそんなわけがない。「バトル・オブ・バルジ」はあの戦車戦争映画を空爆で灰に変えた後、その残りかすで作ったようなリサイクル欠陥品以下のクオリティである。しかし、それでもこの難敵に挑むというのが正しいB級映画ソルジャーの姿である。隊列を組み、厳しい訓練に耐え、この恐ろしい敵陣に乗り込むのだ。そこにはかつてない未知の強敵があなたを待っている。生きて帰れたらまた会おう。