22年目の告白 私が殺人犯です

衝撃の告白の裏に隠されたさらなる衝撃

2012年の韓国映画『殺人の告白』を原作に、22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男の「告白」が新たな事件の引き金となるクライムサスペンス。1995年、日本中を震撼させた同一犯による5件の連続殺人事件が起こる。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが…。

原題:22年目の告白 私が殺人犯です / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年6月10日 / 上映時間:117分 / 製作会社: / 配給:ワーナー・ブラザース

【無料動画】

映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』予告編

(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:入江悠(関連作品:『太陽』)
脚本:平田研也、入江悠

★【キャスト(キャラクター)】
藤原竜也(曾根崎雅人)、伊藤英明(牧村航)、夏帆(岸美晴)、野村周平(小野寺拓巳)、石橋杏奈(牧村里香)、竜星涼春(日部信司)、早乙女太一(戸田丈)、平田満(滝幸宏)、岩松了(山縣明寛)、岩城滉一(橘大祐)、仲村トオル(仙堂俊雄)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
なかなか爽快なサスペンス。こんな奴絶対に怪しいに決まっていると観客誰もが思ってしまう藤原竜也をこれ以上ないベストな使い方をしている。まさに素材をもっとも活かしたキャスティング。上手い。スリルのある展開にちゃんとサプライズが用意されたものは多いけど、俳優がそこに機能しているのは珍しい。逆に彼以外のはまり役を思いつかないほど。連続殺人犯が手記を出版することでカリスマ化していくのは現実にもあるのがまた辛い。
●映画FUN 
私が犯人です? 嘘つけ! そう言わせたいかのような演出。そして騙されるというよりは欺いたのちの「ざまあみろ」さを観客も一緒に犯人に与える楽しさ。それが売りだと思う。途中で展開がわかっても大丈夫。それよりもその先が大事だから。これをどうやって決着つけるのかという部分がポイント。誰が蛇足と言おうがラストシーンは嫌いじゃない。あの因果応報な流れこそ、今作の終わりない復讐の連鎖を表す嫌なエンディングになるわけだし。
●BILIBILI 
時代に起きた実際の事件、事故の映像が使われているのがフィクションと現実がクロスオーバーしているようで邦画には珍しい惹きつけられるオープニングでした。どんでん返しの連続が売りのストーリーになっていますが、見事に観客ではなく登場人物を欺いているのでこれは成功なのだろう。むしろ観客は騙す側にいる。韓国版とは全然違うので、比べて見るのもいい。あまりの内容の歴然とした差に驚きすぎるので覚悟して鑑賞するといい。