デビルバスターズ

さあ、流行りの幽霊退治に便乗だ!

原題:Ghosthunters
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2016年11月(DVDスルー)
上映時間:91分
製作会社:Asylum
配給:
製作費:
興行収入:

謎の殺人鬼“ナイトストーカー”に妻と娘を殺された科学者のヘンリーは、ある計画に着手する。それは、電磁波で霊体をエクトプラズムに変換する“ゴースト捕獲マシン”により、2人の魂を呼び戻す禁断の実験。ナイトストーカーのアジトだった廃墟に乗り込んだ、ヘンリーと研究チーム。そこは犠牲者の怨霊がさまよう、恐怖の幽霊屋敷だった。超常現象に襲われ、次々と霊界に囚われてゆくメンバーたち。そして明らかになる、ナイトストーカーの意外な正体とは?

★【スタッフ】
監督:ペリー・テオ
脚本:ペリー・テオ
撮影:スペンサー・ハッチンス
音楽:スコット・グラスゴー

★【キャスト】
フランチェスカ・サントロ、スティーヴン・マンレイ、デヴィッド・オドネル、リズ・フェニング、ウェブ・クリスタル

【無料動画】

デビルバスターズ

デビルバスターズ


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年11月27日) 
この映画を作ったのはご存知アサイラムです。これでもうわかってくれる人はわかるでしょう。数々の珍作を生み出す伝説のプロダクション。彼らの手にかかれば、どんな名作そうに見える作品でもたちまちあられもない痴態を見せてくれる。安心安定のアサイラムがあなたに毎年、結構な数の新作を提供してくれるわけですが、今回はこれ。もう言わなくてもいいですね。はい、察しのとおりです。見事にバスターされてしまいましたよ。参りました。
映画フリー (2016年11月28日) 
これ、ちょっとややこしいタイトルですよね。邦題は「デビルバスターズ」。でも原題は「Ghosthunters」なのです。もちろんあの有名な名作で、リブートもしたばかりの「ゴーストバスターズ」を意識しまくったモックバスターです。ではなぜ邦題も「ゴーストハンターズ」にしなかったかといえば、すでに同じ邦題をつけてしまった映画があるという悲しい理由が…。どれだけ人気なんだ、ゴーストバスターズ…。みんな、マネたいのですかね…。
OPENLOAD (2016年11月29日) 
いきなりのタイトル詐欺。これはデビルじゃない! 普通に幽霊でした。ジャケットは妙にコミカルそうに見えますが、実際の中身は割とシリアス。ただそのシリアスも微妙で、そこまで振り切っていない。要するに中途半端なのですよね。シリアルキラーに妻子を無残に殺された心霊科学者が、愛する妻子の霊を捕獲して救済するために仲間とともに犯行現場へ乗り込むという設定だけを聞くと泣きたくなる話。それがこうなるのかと。ぜひ確認してください。
DAILYMOTION (2016年12月15日) 
なんか色々なホラー映画の要素をつまみ食いしてごちゃまぜにしましたという感じ。タイトルでわかるあの著名なホラー映画だけでなく、あれもこれもいっぱいパク…じゃなかった、オマージュしています。いくつ気づけるかで、あなたのホラー知識が試されますね。低予算、短期間がウリのB級企業アサイラムの作品ですが、予想に反してちゃんとできているのです。それが逆にニクイほど。監督もアサイラムの中ではベテランを起用しているらしいです。