3月のライオン 後編

物語は後半へ。ついにクライマックス

羽海野チカの大ヒットコミックを実写映画化する2部作の後編。幼い頃に交通事故で家族を亡くして天涯孤独の身となり、中学生にして将棋のプロ棋士になった桐山零。ひょんなことから親しくなった川本家三姉妹との賑やかな食卓に自分の居場所を見出した彼は、高校に通いながら将棋の世界で切磋琢磨を続けていた。そんな零を待ち受けていたのは、それぞれの人生を背負った棋士たちが頭脳と肉体と精神のすべてを賭けて挑む、想像を絶する戦いの数々だった。

原題:3月のライオン 後編 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年4月22日 / 上映時間:139分 / 製作会社: / 配給:東宝、アスミック・エース / 前作:『3月のライオン 前編

★【スタッフ】
監督:大友啓史(関連作品:『ミュージアム』)
脚本:岩下悠子、渡部亮平、大友啓史
撮影:山本英夫
音楽:菅野祐悟

★【キャスト(キャラクター)】
神木隆之介(桐山零)、有村架純(幸田香子)、倉科カナ(川本あかり)、染谷将太(二海堂晴信)、清原果耶(川本ひなた)、佐々木蔵之介(島田開)、加瀬亮(宗谷冬司)、伊勢谷友介(甘麻井戸誠二郎)、前田吟(川本相米二)、高橋一生(林田高志)、岩松了(神宮寺崇徳)、斉木しげる(柳原朔太郎)、中村倫也(三角龍雪)、尾上寛之(松本一砂)、奥野瑛太(山崎順慶)、甲本雅裕(安井学)、新津ちせ(川本モモ)、板谷由夏(美咲)、伊藤英明(後藤正宗)、豊川悦司(幸田柾近)

【無料動画】

映画『3月のライオン』予告編

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【インタビュー】
・神木隆之介「対局シーンでは一手一手に15分20分ずっとカメラが回っていたんです。僕らは手を読む過程を省かずに、きちんと考えに考えていました」

★【感想・批評】

●映画FUN (2017年5月2日) 
登場人物の人間性、バックボーンにフォーカスを当てて深堀をしていくという、続編としては正統派なつくりになっており、非常に満足度の高い作品だった。ひなたのイジメ問題、宗谷名人との対局、川本家の父親など原作読んでいるのならばここは外せない要素をなんとか詰め込んだ感じもするが、このバランスの映画化であればこれが一番現実的ではないか。エンドロールの藤原さくらさんのカバーソングがあまりに良すぎて、心を鷲掴みにされました。
●BILIBILI (2017年5月12日) 
前編と同じく、配役は申し分なし。演技もよし。じゅうぶん平均点を超えている。前半は3姉妹と主人公の人間ドラマがメインになって確かに指摘があるようにあまり将棋はしていません。将棋だけで生きていた彼にとっては初めて芽生えた感情を描く意味ではとても大切なパートだったんだと思います。将棋をするという衝動の裏には人間的なエモーションが絶対にあって、最終的な成長につなげるためにも大きな燃料になる部分でもあるのでしょう。