スパイダーマン ホームカミング

マーベルと合体した新シリーズ「スパイダーマン」

サム・ライミ監督&トビー・マグワイア主演の『スパイダーマン』シリーズ(2002~07)、マーク・ウェブ監督&アンドリュー・ガーフィールド主演の『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ(2012~14)に続き、3度目のシリーズ映画化となる新たな「スパイダーマン」。部活のノリで街を救い、ヒーローを気取る15歳の高校生ピーターが、アイアンマンことトニー・スタークに導かれて巨大な試練に直面し、しだいに本当のヒーローとして成長していく。

原題:Spider-Man: Homecoming / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年8月11日 / 上映時間:133分 / 製作会社:Columbia Pictures、Marvel Studios / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント / 前作:『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

★【スタッフ】
監督:ジョン・ワッツ(関連作品:『COP CAR コップ・カー』)
脚本:ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー、ジョン・ワッツ、クリストファー・フォード、クリス・マッケーナ、エリック・ソマーズ
撮影:サルバトーレ・トチノ
音楽:マイケル・ジアッキノ

★【キャスト】
トム・ホランド、ロバート・ダウニー・Jr.、マイケル・キートン、マリサ・トメイ、ジョン・ファブロー、ゼンデイヤ、トニー・レボロリ、ローラ・ハリアー

【無料動画】

映画『スパイダーマン:ホームカミング』予告②

映画『スパイダーマン:ホームカミング』予告②

Spider-Man: Homecoming 'Making of' Featurette (2017)

Spider-Man: Homecoming 'Making of' Featurette (2017)

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.5/1092%73
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.78/5.003.9/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
86%77点78.0点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【雑学(トリビア)】
今作からマーベルコミック原作の作品同士で世界観を共有している「マーベル・シネマティック・ユニバース」に参加している。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画フリー (2017年9月5日) 
過去のスパイダーマン作品の中で一番軽快なストーリーでした。映画の中で成長していく主人公を応援したくなります。フッと笑えるシーンもたくさんあります。トニースターク提供のスパイディースーツは、過去最高にクールでした。今作のヴィランとしてはすごくバランスは良かったと感じました。それに彼の家族とストーリーがまさかあんな形で繋がるとは思ってませんでした。新鮮味の大きいスパイダーマンで、心機一転は見事に果たされた感じです。
SPACEMOV (2017年9月8日) 
今作のスパイダーマンは「ヒーローだぜ!いえい!」みたいな単純なノリの過去作とは全く違う。なので、そういうノリを期待していた人は少し戸惑うかもしれない。本作はちょっと知名度があがってヒーロー気分ではしゃいでいる若者でしかない。つまり、Youtuberと変わらないのだ。そんなYoutuberが現実の生々しい悪の存在に触れ、大人の事情にも直面して、現実的なヒーローに成長する。ラストのあの選択は彼がYoutuberでなくなった証拠なのだ。
STREAMIN (2017年9月12日) 
ポリティカル・コレクトネスにがっしり目をつけたのか登場人物の人種は実にカラフル。というか過去作が凄い白人だらけでびっくりする。今作の方が普通にリアルなニューヨークという感じがする。現代性を重んじ、どこまでもコメディで、過去のあらゆるシリーズとも違う異色作というよりはより正当な一作になったのではないか。学園青春ものの要素をヒーロー映画と見事に融合させ、ピーターのお喋りが物語全体を潤滑にまわす原作に忠実な一作だ。

★【おすすめの関連作】

マーベル

★【マーベル・シネマティック・ユニバース 作品を総復習!】
フェイズ1
・『アイアンマン』(2008年)
・『インクレディブル・ハルク』(2008年)
・『アイアンマン2』(2010年)
・『マイティ・ソー』(2011年)
・『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
・『アベンジャーズ』(2012年)
フェイズ2
・『アイアンマン3』(2013年)
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
・『アントマン』(2015年)
フェイズ3
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
・『ドクター・ストレンジ』(2016年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
・『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)
・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
・『ブラックパンサー』(2018年)
・『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
・『アントマン&ワスプ』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする