セデック・バレ 第一部 太陽旗

日本占領軍vs台湾先住民族! 魂の超大作

日本統治下の台湾で起こった台湾先住民族セデック族による抗日暴動「霧社事件」を全2部作で描いた歴史大作の前編。1895年、日清戦争で清が敗れると、台湾中部の山岳地帯に暮らす狩猟民族セデック族の集落にまで日本の統治が及び、平穏な生活が破壊されていく。それから35年、父親の跡を継ぎ一族の頭目となったモーナは、村の人々とともに日々を耐え忍んで生きていたが、ひとりのセデック族が日本人警察官と衝突したことから、一族の抑え込まれていた感情が爆発する…。

原題:Warriors of the Rainbow I : Sun Flag / 製作:台湾(2011年) / 日本公開日:2013年4月20日 / 上映時間:143分 / 製作会社:ARS Film Production / 配給: / 次作:『セデック・バレ 第二部 虹の橋』

★【スタッフ】
監督:ウェイ・ダーション(関連作品:『海角七号 君想う、国境の南』)
アクション監督:ヤン・ギルヨン、シム・ジェウォン
撮影:チン・ディンチャン
音楽:リッキー・ホー

★【キャスト】
リン・チンタイ、マー・ジーシアン、ビビアン・スー、安藤政信、ルオ・メイリン、ダー・チン、ランディ・ウェン、木村祐一、春田純一、田中千絵、マー・ルーロン、ウー・ポンフォン

【無料動画】

映画『セデック・バレ 第一部』『セデック・バレ 第二部』予告編

映画『セデック・バレ 第一部』『セデック・バレ 第二部』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月1日) 
凄いものを見た。圧倒的な映像とはまさにこのこと。しかもそれがノンストップで展開される。2時間30分の映画だけど体感速度は5分くらい。日清戦争の後の話で、下関条約の締結によって台湾が日本に譲渡される。で、日本軍はズカズカと侵略していって、現地のセデック族を馬車馬の如く働かせる訳です。当然セデック族の不満は、日本軍をぶっ潰すぞ!という抗争が起こるというのが第一部です。政治色は少なめでアクションメインなのでご安心を。
映画FUN (2016年3月11日) 
アジア諸国では「抗日」という映像ジャンルが成り立っているので、どうしても日本がコテコテの悪役として描かれがちである。その点、本作の日本人の丁寧な描き方には心底驚いた。日本人にすごく気を使ってくれているというシーンも多く登場するのだ。そして「セデック族」側の文化や風習の説明もすごく丁寧にされている。野蛮人の象徴的な行為となっている「首狩り」も、この映画で考え方が変わってくる。それだけ歴史に対して誠実なのだ。
STREAMIN (2016年4月1日) 
実際に台湾で起こった抗日蜂起事件”霧社事件”の映画化。日本と台湾の間にこんな歴史があったなんて知らなかった。この事件、調べれば調べるほどおぞましい…写真もたくさん残っていてその無惨すぎる光景に衝撃を受けました。ネットで画像検索するときは覚悟が要ります。日本人が観ると気まずいのかなと思ったのですが、案外変な話ですけど、楽しめました。セデック族の死生観自体は日本人に近いせいか、さほど違和感なく感情移入できます。