ザ・ラブ・ウィッチ/The Love Witch

新たなカルト映画が誕生!魔女のラブ・ホラー

魔女が織りなすドラマを独特なトーンで映像化した個性の強烈に光るラブ・ホラー。魔女エレーンは彼女を心から愛してくれる男性との運命的な出会いに生涯を捧げていた。狙いを定めた男性を次々と誘惑していくが、彼女の強力過ぎる魔法にかかった男性は皆、廃人と化してしまう。そんなある日、エレーンの目の前に理想の男性が現れるが、彼女の異常なまでの愛情はやがて恐ろしい程の狂気へと変貌する。

原題:The Love Witch / 製作:アメリカ(2016年) / 日本未公開: / 上映時間:120分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

THE LOVE WITCH Trailer (2016)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アナ・ビラー
脚本:アナ・ビラー

★【キャスト】
サマンサ・ロビンソン、ジェフリー・ヴィンセント・パライズ、ローラ・ワデル、ジャン・キーズ、ジャレッド・サンフォード、ロバート・シーリー、ジェニファー・イングラム、クライブ・アッシュボーン、リリー・ホレマン

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
やばいくらいキュートでエキセントリックな映画、想像以上によかった! 2016年作だがセットだけでなくフィルムっぽさ、撮影法、音楽、全てが60年代みたい。少しパロディーっぽさが笑える。タイトルの通り、男性たちにラブマジックをかけるラナデルレイ似の魔女。男性は女性をただの性欲を満たしてくれる奴隷のように扱ってる世の中、そんな中魔女のエレーンは誘惑する力で逆に男性たちを自分の思うままに操り愛させる、まさに魔性。
●映画フリー
女性監督が作るフェミニスト映画最高です。このアナ・ビラー監督、なかなかの逸材ですね。基本的にはロマンスであるように見えます。でも美しさの裏にはホラーがあるというように、この作品は常に表裏一体で違う様相を見せてくれるのです。カルトと言ってしまえばそれまでなのですが、この奇妙な空間にずっと浸っていることで、私は相当なエネルギーをもらえた気がします。ここまで自由に創造性を爆発させていいのかという解放感です。
●SPACEMOV 
圧倒的に中身の完成度が良い意味で「カルト」っぽく、女ホドロフスキーか!って熱さを感じました。監督さんがほんとこだわりがある人らしく、フィルムでの色味? 風合いとか、役者さんの顔立ちそのもの、衣装に美術、またビュジュアルだけでなく女性の感情、内面を描くことも隅から隅までこだわりの凝縮という感じでした。特に「これが魔女の住む家だぁ!」って外観の家が出てきた時に本気を感じましたね。
●VUDU 
こんな映画は見たことないという体験ができること間違いなしなので、ぜひ興味ある方はオススメです。濃厚すぎるぐちょぐちょラブホラーの新境地です。男にとって女は性欲を満たすための道具でしかないというのは、今もそうなのだが、それを踏まえるとこの作品はかなり攻めている。ラブマジックによって逆転させてしまうわけだから。そのような摩訶不思議なことが本当にそうなったら、現実ではどうなってしまうのか。考えてみるといい。