奇跡のチェックメイト クイーン・オブ・カトウェ

ウガンダの貧しい少女はチェスと出会って運命が変わった

ウガンダ出身のフィオナ・ムテシという貧乏な少女がチェスを覚えていき、やがて世界に羽ばたいていくまでを描いたドラマ。

原題:Queen of Katwe / 製作:南アフリカ・アメリカ(2016年) / 日本公開日:2018年5月(DVDスルー) / 上映時間:124分 / 製作会社:Walt Disney Pictures / 配給: / 製作費:1500万ドル / 興行収入:1010万ドル

【無料動画】

Queen of Katwe – Official Trailer

©2018 Disney


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ミーラー・ナーイル
脚本:ウィリアム・ウィーラー
撮影:ショーン・ボビット
音楽:アレックス・ヘッフェス

★【キャスト】
マディナ・ナルワンガ、デビッド・オイェロウォ、ルピタ・ニョンゴ、ンタレ・グマ・ムバホ・ムワイン

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
シリアスな話なのかと思ったら基本ベースは明るく子供達のジョークが飛び交う。子供を中心とするストーリーであるが、子供達が遠征先で故郷を恋しがったり、主人公の反抗期などの場面もあり、子供の心理描写を細かく描いていた印象。そしてルピタちゃんの演技が素晴らしい。母親役も出来るんだと彼女の演技の幅に改めて驚かされた。チェスのルールが全くわからない私でもゲームの緊張感や展開が分かりやすく、ストーリーもすんなりと理解できた。
●映画FUN 
期待していた映画が想像以上に良い作品だったのが久々だったので嬉しかった。カトウェはウガンダの首都カンパラの大きなスラム街という決して恵まれているわけではない場所。そこで生まれ育った主人公のフィオナ・ムテッシが貧しい生活をしながら、偶然にもある日チェスと出会う。この出会いが彼女の人生を変わる感動的な実話となっている。非常に露出の少ない、知る人はほとんどいない映画なのだが、見逃しているのはあまりにもったいない。
●SPACEMOV 
ウガンダのスラムに育ったフィオナ・ムテシがチェスを学び、16歳で世界レベルになるという実話に基づくもの。製作はディズニー。展開も構成も過不足なく、完成度の高い作品でした。 わかりやすく笑いも多く、子どもも楽しみながらも、身近ではないであろう厳しい現実も、挫折や希望だったり自分の居場所であったり、人生において大切だと思われる普遍的なメッセージも、あまりにもシンプルかつ自然と学び感じることができるように思います。
●FANDANGONOW 
教科書のような作品。母親についてもよく描いているのが良かったです。どんな環境でも、生まれながらにマジョリティと異なるようでも、その子どもの持つものを最大限引き出し活かしてあげられるような、率直な大人でありたい社会でありたい、という本心からの気持ちを常に持とうと、そしてそれを育んでいこうと個人的に再確認させられた映画でした。貧しい女の子がチェスの才能を開花させるといえばそれだけなのにやっぱりこの感動には感服。