ダークレイン

ダークレイン

映画史上かつてない、震撼のラスト15分

雨の中に潜む「何か」に恐怖し常軌を逸していく人々を描いたメキシコ発の感染パニックスリラー。世界中が記録的な豪雨に襲われた夜。人里離れたバスステーションで、偶然居合わせた8人の男女が立ち往生していた。やがて1人の女性がウィルスに感染したような症状を見せ、正気を失ってしまう。ラジオから流れてくる情報によると、原因不明の伝染病で外でもパニックが起きているらしい。彼らは建物から出ることもできず、1人また1人と感染していき…。

原題:Los Parecidos / 製作:メキシコ(2015年) / 日本公開日:2017年1月21日 / 上映時間:90分 / 製作会社: / 配給:AMGエンタテインメント

★【スタッフ】
監督:イサーク・エスバン(関連作品:『パラドクス』)
脚本:イサーク・エスバン
撮影:イシ・サルファティ
音楽:エディ・ラン

★【キャスト】
グスターボ・サンチェス・パッラ、カサンドラ・シアンゲロッティ、フェルナンド・ベセリル、ウンベルト・ブスト、ルイス・アルベルティ、アルベルト・エストレヤ

【無料動画】

Teaser trailer LOS PARECIDOS (THE SIMILARS)

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年3月13日) 
これは予想できなかった。メキシコ発のホラー映画で、雰囲気は良く、普通に見入ってしまっていた。テーマとして表現したかったのは「人がアリの顔をすべて同じだと認識するように、人の顔の個人差ももっと『上』の存在から見れば同一のようなものである。実際に同じ顔にしてしまえば、次第にそのことを忘れて更なる個性を見出だすようになる」ということらしい。これだけ聞くと全く意味不明だが、そんな映画なのである。一杯食わされた作品だ。
映画フリー (2017年3月17日) 
突然の豪雨に襲われ、人里離れたバスステーションに缶詰状態となってしまった8人の男女が、奇妙な現象に巻き込まれていく。独創的であり単純に面白い。完全にアイディとそのインパクトで勝った作品と言える。妙に哲学的で「世にも奇妙な物語」風なところは好みであり、そういうオカルト感全開のストーリーが好きな人はハマるはず。私の中でメキシコ映画の概念が変わった衝撃作になった。でもメキシコの映画はあまり知らないのだけれども。
OPENLOAD (2017年5月17日) 
冷戦時のメキシコ。豪雨に閉じ込められた老若男女を襲う不可思議な現象。それはウィルスか悪魔の呪いか。怪異に怯える人々の姿をクラシック映画風にオカルトに描く。ナレーションの雰囲気や起こっている内容を思うとトワイライトゾーンに近い感じと思ってよい。映画レビューサイトで高評価になっているのは、作品性の根幹にかかわるアイディアへの点数と思っていいだろう。この時点で、やられた!となる。ならないのは鈍感な奴くらいだ。
SPACEMOV (2017年5月19日) 
監督の前作『パラドクス』を題された本がラストに出ており、本作の能力を考えると両作品の世界は繋がっているのかもしれない。大げさなキャッチコピーが印象的だが、その得意の殺し文句も、本当に震撼したのはラストじゃないのだ。途中から笑い過ぎて震撼だらけで困る困る。一体何が起こっているのか。ありきたりなホラー、サスペンス映画に慣れてしまってるのを壊しに来る感じは、正直、嫌いになれません。