屍憶 SHIOKU

屍憶 SHIOKU

日本と台湾が合体して生み出したホラー

台湾や東アジアの一部に残る風習で、道端で赤い封筒を拾った者が死者との結婚を強要される「冥婚」をモチーフに描いた日台合作ホラー。恋人との結婚を控えたテレビプロデューサーのハウは、公園をジョギング中に赤い封筒を手にしたことをきっかけにある家を訪れて以来、悪夢や怪奇現象に悩まされるように。友人の紹介で霊媒師に相談したハウは、やがて山奥の古い家にたどり着く。その場所では、かつてある男性が事故で亡くなっており…。

原題:屍憶 The Bride / 製作:台湾・日本(2015年) / 日本公開日:2017年1月21日 / 上映時間:89分 / 製作会社: / 配給:アクセスエー

【無料動画】

屍憶-SHIOKU- 日本語版予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

何気ないいつもと変わらない毎日に少しの刺激を求めている人はホラーで気分転換するのもいいでしょう。そんな恐怖映画をたっぷり満喫したいなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。これは検索性に優れ、同じジャンルの映画を連続して検索することができるので、どんどん鑑賞するのにぴったり。配信されているホラー作品をすべて見尽くせば、間違いなく自慢できるホラーマニアになっていることでしょう。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「屍憶 SHIOKU」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『屍憶 SHIOKU』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:リンゴ・シエ
脚本:リンゴ・シエ
撮影:チェン・チーウェン
音楽:はい島邦明

★【キャスト】
クリス・ウー、ニッキー・シエ、田中千絵、ベラ・イェン、アンドリュー・チェン、池端レイナ、ジャン・チンシャー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
中国を中心として東アジアから東南アジアを中心に行われている“冥婚=死んだ娘と生きている男を結婚させる風習”を題材にした台湾と日本の合作ホラーで、日本のホラー映画にも共通する要素が魅力。勿論、B級ホラーであるが、私的には構成、演出、なかなかの出来ではないかと思った。台湾ホラーのじめじめした陰湿感にジャパンホラーのエキスが足され、最後まで楽しく観られたことが嬉しかった。
●映画FUN  
台湾の“冥婚”風習を取材しているプロデューサーの青年が体験する怪異と霊を透視してしまう体質の少女の恐怖のエピソードが交互に語られて行き最後に一つに収束する作劇となっていて次第に追いつめられて行くプロデューサーと自分の能力の使い方=霊との交信能力を会得して行く少女の怪体験が観客に休む暇を与えません。直ぐに襲い掛かってくる西洋の悪魔や悪霊と異なり、ジワジワと迫ってくる東洋的な霊の真綿で首を絞めるような攻め方が恐い。
●BILIBILI 
無関係な2つの怪奇現象が、事件の進展を通して巧みに絡まり合い、1つの哀しい物語を紡いでいく様子が、恐ろしくも切ない上質なホラー。“冥婚”という特殊な儀式に取り憑かれてしまった主人公と、謎めいた怪奇現象に悩まされる高校生。一見無関係なこの2人に振りかかった出来事が、お互いにどう関係していくのか。その絶妙な絡まり具合が圧巻で、明らかになる驚がくの真実には、恐怖の中にも哀しさが溢れています。
●DAILYMOTION 
ホラー映画としても良質で、お約束のシーンでのお約束の恐怖演出も沢山あって、なんとなく感じつつもハラハラさせられること必至です。ホラー好きにはぜひおすすめの一作。海外との合作というのは新鮮だし、こうやって新しいイマジネーションがコラボによって生まれるとジャンルが活性化していくと思うので頑張ってほしい。それにしてもこういうホラーは台湾でも需要があるのかな。