暗黒女子

驚愕のラスト24分。美少女を殺したのは誰だ

秋吉理香子の同名ミステリー小説を実写映画化。聖母マリア女子高等学院で、経営者の娘にして全校生徒の憧れの存在である白石いつみが、校舎の屋上から謎の転落死を遂げた。彼女の手には、なぜかすずらんの花が握られていた。真相が謎に包まれる中、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が流れる。いつみから文学サークルの会長を引き継いだ親友の澄川小百合は、「白石いつみの死」をテーマに部員たちが書いた物語を朗読する定例会を開催。部員たちはそれぞれ「犯人」を告発する作品を発表していくが…。

原題:暗黒女子 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年4月1日 / 上映時間:105分 / 製作会社: / 配給:東映、ショウゲート

★【スタッフ】
監督:耶雲哉治(関連作品:『MARS ただ、君を愛してる』)
脚本:岡田麿里
撮影:中山光一
音楽:山下宏明

★【キャスト】
清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈、升毅、千葉雄大

【無料動画】

映画『暗黒女子』予告編

©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年5月2日) 
予告で「驚愕のラスト24分」とか「必ず騙される」とか散々煽っているので、観客は警戒して見てしまうのは良くないかなと思います。一応、驚きはしますが、知らないで見る方が一番いいですから。お嬢様学校(フィクションでよくでてくるやつ)というフィールドで、ここまでギャップのあることをするというのがきっとこの作品の売りなら余計に。あと配役のせいで、若干、コイツは何かあるなというのがわかってしまうのも難点でしたけど…。
DAILYMOTION (2017年5月3日) 
清水富美加の醸し出す雰囲気の振れ幅はやっぱりさすが。タダモノではない感じがある。これはきっととんでもないものを隠しているなと。そうしたらリアルな方でびっくりな暴露をしちゃって大変なことになるとは…。事実は小説よりも奇妙なんですよね、ほんと。でも、この映画が逆の彼女を象徴しているようで、ぴったりだったと思います。人間には二面性があるのです。これ以上は何も隠し持ってないよね…。驚かせるのはこれぐらいにして。
BILIBILI (2017年5月4日) 
ストーリーテラーの清水富美加がひっくり返すのだろうなと容易に想像は出来たけど、そんなことは小さい事、どうでもいい。注目の若手女優が、それぞれ「主役」になってこの作品のスリリングさを一層盛り上げていたと思う。ラスト、「そういう事だったのか!!」の連続で、心が動揺しまくり。終わりに近づくにつれて、衝撃のテンポが早くなっていって、「怖い怖い!」ってなる。ミッション系女子校の雰囲気は絶対こうじゃないけど、怖くなる。