ディープブルー・ライジング

ディープブルー・ライジング

北極の氷を貫く、その名もアイス・シャーク

極寒の深海「ディープブルー」から史上最恐の巨大人喰いサメが現れるパニック映画。北極海の海氷に建造された、海洋調査基地“オアシス”。研究に従事する科学者チームは、ある日、突然変異したサメの大群に襲われる。厚い氷も破壊する巨大鮫の猛威により、次々と餌食になってゆくメンバーたち。ついに海氷から分断されたオアシス基地は、水深30メートルの海底に沈んでしまう。外部との通信は絶たれ、酸素も残りわずか。生き残ったデビッドたち4名は、凶暴な海の悪魔に決死の戦いを挑むが…。

原題:Ice Sharks / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年1月(DVDスルー) / 上映時間:90分 / 製作会社:Syfy、Asylum / 配給:

★【スタッフ】
監督:エミール・エドウィン・スミス
脚本:エミール・エドウィン・スミス
撮影:ダリン・A・ウェブ
音楽:アイザック・スプリンティス

★【キャスト】
エドワード・デルイター、ジーナ・パーカー、カイウィ・ライマン、クラリッサ・シボー、トラビス・リンカーン・コックス、エミール・エドウィン・スミス

【無料動画】

ディープブルー・ライジング

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2017年1月23日) 
名作サメ映画「ディープブルー」の続編です。あ、嘘です。全く関係ありません。でも、ちゃんと謝っているだけマシですよ。この作品のパッケージには何の謝罪のこともありませんからね。「DEEP BLUE」って堂々と書いてあるのに。商品掲示に関する法律に引っかかったりしないのでしょうか。それが問題になるなら他の映画でも大変なことになるやつがいっぱいありますけど。B級映画界隈が大騒ぎになりますね。つまり、今日も平和で良かったな。
●DAILYMOTION (2017年1月27日) 
邦題がなかなかぶっとんだことになってますけど、原題は「ICE SHARKS」。これもこれでどうなんだ。別に体が氷でできているとか、そういう特殊能力の持主ではないです。要するに北極にいるサメってことです。寒さに強いくらいが取り柄じゃないのかと思うのですが、そんなことは気にしないのがサメ映画のルール。氷の上にいる人を襲う感じは、アザラシを襲うホッキョクグマみたいなノリかな。問題は北極の海はサメがいなくても危険ってことです。
●STREAMANGO (2017年1月29日) 
ワーストとか、駄作とか、クソ映画とか、そんな言葉では片づけるべきではないサメ映画、それがこの「ディープブルー・ライジング」である。タイトルでウソは言っていない。深い海から上陸してくるから。たぶんサメも水中は寒いから、氷の上の方がマシなのかもしれない。息も白くないし、海に落ちたはずなのにさほど濡れてないし、凍えそうでもないあたり、もしかしたらここは北極じゃないという可能性もある気はしてきた。待てよ、ということは…。