ゴースト・イン・ザ・シェル

ゴースト・イン・ザ・シェル

「攻殻機動隊」がハリウッドで実写化

士郎正宗の漫画「攻殻機動隊」を原作とし、押井守監督が映画化したSFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を最新映像技術と豪華キャストで実写化したSF映画。ネットに直接アクセスする電脳技術が発達すると共に、人々が自らの身体を義体化(=サイボーグ化)することを選ぶようになった近未来。脳とわずかな記憶を残して全身が機械化された、公安9課最強の捜査官・少佐は、全世界を揺るがすサイバーテロ事件を発端に記憶が呼び覚まされるが、そこには驚くべき過去が隠されていた。

原題:Ghost in the Shell / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年4月7日 / 上映時間:107分 / 製作会社:ドリームワークス、パラマウント映画 / 配給:東和ピクチャーズ / 製作費:1億1000万ドル / 興行収入:1億6900万ドル

★【スタッフ】
監督:ルパート・サンダース(関連作品:『スノーホワイト』)
脚本:ジョナサン・ハーマン、ジェイミー・モス
撮影:ジェス・ホール
音楽:川井憲次

★【キャスト(キャラクター)】
スカーレット・ヨハンソン(ミラ・キリアン少佐/草薙素子)、ビートたけし(荒巻大輔)、マイケル・ピット(クゼ)、ピルウ・アスベック(バトー)、チン・ハン(トグサ)、ジュリエット・ビノシュ(オウレイ博士)、桃井かおり(ハイリ)、福島リラ(芸者ロボット)、ダヌーシャ・サマル(ラドリヤ)、ラザルス・ラトゥーエル(イシカワ)、泉原豊(サイトー)、タワンダ・マニーモ(ボーマ)

【無料動画】

『ゴースト・イン・ザ・シェル』 | ファースト・トレーラー

(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2017年5月10日) 
この映画単体で言えば、ストーリーはほどよくまとまってるし映像綺麗だし舞台もワクワクする。じゅうぶん合格点。ただ、最もめんどくさい問題が原作に対する一部の異様な執着的なファン魂だろう。こんなの私の考える攻殻機動隊じゃない!というアツい想いが普通に映画をみることを邪魔する。これは宿命だからやむなしだと我慢することも可能だが、人間というのは罪な生き物。どうしても口を出さずにはいられない。それも含めての盛り上がりなのだか。
●STREAMANGO (2017年5月11日) 
アニメの攻殻機動隊のファンなので斜に構えて観たけど普通に楽しめました。スカヨハについては公開前からあれこれと文句を言われていましたが、個人的には白人でも設定上は都合がつくのでOKかと。ホワイトウォッシュとか北野武の日本語とかの問題点よりも気になったのは、映画らしいインパクトのあるオリジナルなアイディアが皆無だったこと。せっかくの大予算の映像化。こんな映画は観たことがないという驚きを観客にもっと提供すべきだった。