ジョーズ’87 復讐篇(ジョーズ4 復讐篇)

シリーズ、ついに完結

原題:Jaws: The Revenge
製作:アメリカ(1986年)
日本公開日:1987年8月8日
上映時間:91分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:
前作:『ジョーズ3

★【評価】
0% Rotten Tomatoes

人間を襲う恐しい人喰いザメが今度は熱帯のバハマに出現するという、『ジョーズ』シリーズの第4弾。過去2度、巨大なホオジロザメに襲われたアミティの町。クリスマス・イヴの夜、サメの犠牲者となったブロディ警察署長の未亡人エレンは、父の遺志を継いで保安官補となった次男ショーンと2人暮らしをしていた。長男のマイケルは、家庭をもち、バハマの海で海洋研究の仕事についていた。夜の海洋パトロールに出たショーンが、突然巨大なサメに襲われ海の中に姿を消した。

★【スタッフ】
監督:ジョセフ・サージェント
脚本:マイケル・デ・ガズマン
撮影:ジョン・マクファーソン
音楽:マイケル・スモール

★【キャスト】
ロレイン・ゲイリー、マイケル・ケイン、ランス・ゲスト、マリオ・バン・ピーブルズ、カレン・ヤング

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月9日) 
シリーズも完結となると寂しくもなるものだが、なぜかこのジョーズに限ってはそんな気持ちにはならない。もうこのサメ映画の犠牲になる人(観客の気持ち的な意味で)はいないのだなという安堵感と、どうせ似たような雑なサメ映画はこれからも無限に溢れてくるしという諦め感。サメ映画は多すぎましたね。でもその口火を切ったジョーズが終わるのはやはり意味深いかもしれません。だからお別れ的な意味の挨拶で見ておくことは良いかもしれません。
映画フリー (2016年2月23日) 
パニック映画としてはそのバカげた設定と内輪過ぎる話という意味でたいして面白くもないが、ジャンルといい、話の浅さといい、流し見で観る映画としては実に優秀な映画なんじゃないか。ジョーズVSブロディ家の完結編ということなんだけど過去2作で主役だった父マーティンは心臓麻痺で亡くなったらしい。しかも心臓麻痺の理由は長男マイケルがサメに襲われたと聞いてらしい。というわけで主役はまさかの母エレン。 サメより驚く展開だった。
OPENLOAD (2016年3月14日) 
勘違いしがちだが、後に『ジョーズ’96虐殺篇』『ジョーズ’98激流篇』など多数の模倣作品が製作されるが、いずれも公式シリーズとは無縁の邦題詐欺である。駄作だった前作に反し、本作では過去のシリーズを継承しつつも新たな人生への希望を描き出すことに成功…したといっていいのかな。脚本の粗や中盤の冗長さは否めないが、完結編としては上々の出来と言えるだろう。単体で観れば佳作の部類に入るはずだ。
STREAMIN (2016年3月19日) 
監督は傑作『サブウェイパニック』をはじめ『地球爆破作成』『白熱』など数々のカルト映画で知られるジョセフ・サージェント。前作を手がけたジョー・アルヴェスは監督経験の無いアートディレクターだったが、プロの映画監督との差は歴然だ。そもそもなんで前作はあんなことになったのか。漠然と人々が抱く「ジョーズの続編はつまらない」という認識を決定的にした戦犯は『ジョーズ3』だろう。なにかと損をしている4作目である。