彼らが本気で編むときは、

彼らが本気で編むときは、

生田斗真がトランスジェンダーを熱演

荻上直子監督が5年ぶりにメガホンをとり、トランスジェンダーのリンコと育児放棄された少女トモ、リンコの恋人でトモの叔父のマキオが織り成す奇妙な共同生活を描いた人間ドラマ。11歳の女の子トモは、母親のヒロミと2人暮らし。ところがある日、ヒロミが育児放棄して家を出てしまう。ひとりぼっちになったトモが叔父マキオの家を訪ねると、マキオは美しい恋人リンコと暮らしていた。元男性であるリンコは、老人ホームで介護士として働いている。母親よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに、戸惑いを隠しきれないトモだったが…。

原題:彼らが本気で編むときは、 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年2月25日 / 上映時間:127分 / 製作会社:パラダイス・カフェ / 配給:スールキートス

【無料動画】

生田斗真、桐谷健太出演の映画『彼らが本気で編むときは、』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:荻上直子(関連作品:『レンタネコ』)
脚本:荻上直子

★【キャスト】
生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラ、小池栄子、門脇麦、りりィ、田中美佐子

★【インタビュー】
・桐谷健太「僕は東京に出てきたとき、周りはゲイの方やトランスジェンダーの方ばっかりだったんですよ。クラブで仲良くなったのですが、そういう仲間たちが芸能界に入る最初の第一歩というか、キッカケを作ってくれたんです。普通に友達でしたね」
・桐谷健太「生田斗真とキスするのは実は初めてじゃないんですよ。以前、連続ドラマの打ち上げで酔っ払って、思いっきりキスされているので(笑)」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
日本で生きづらいマイノリティーを温かな目線で描く意欲的かつ画期的な1本。邦画でもちゃんとLGBTを描けるんだと実感しました。ここまで繊細に美しく優しいドラマがずっと綴られていくのであれば、本当にいいのですが、実際はそうもいかないというのがまた悲しい。今も差別を振りまく人たちが平然と社会の上位にいたりしますから、それだからこそ、こういう作品が生まれ続ける価値があるのですよね。まだまだ編んでいく日々は始まったばかり。
●映画フリー 
切なく、笑えるシーンもあって、久々にもう一度観ようかと思う映画でした。心が洗われる素晴らしい物語です。見ないと損! 何よりも落ち着いた俳優陣のまったりとした空間に癒される。予想を大きく裏切られた作品としても本当に記憶に残るのです。トランスジェンダーとしての生きづらい気持ちや今までの過去を感情的に表現するのではなく、ちょっと気のぬけた、可愛らしさとおかしさで表現しているのもなんともシリアスにならずいいものです。
●BILIBILI
久しぶりに泣いて笑って心がほっこりする映画に出会えた気がするなというのがファーストインプレッション。こんなにも心がほぐされたのは何年ぶりだろうか。「リンコさんのような心の人に惚れちゃったらね、もうあとのことはどうでもいいんだよ。男とか女とかそういうことも、もはや関係ないんだよ」この言葉通り、私たちの中にある決して当人の意志ではない勝手に作られた壁を綺麗に壊してくれる。それだけでなく新しい橋を架ける映画でもある。