シン・ジョーズ

サメvs全人類…というわけではない

核実験によって最悪の進化を遂げたサメが逆襲するモンスター・パニック。太陽が照りつけるカリフォルニア州、サンディエゴのビーチはいつもの賑わいを見せていた。そこに突如浮かび上がった焼死体。さらには焼かれた魚の死骸が波打ち際に打ち上げられていた。ライフセーバーのジーナとカプランはその謎を追っていくが、核実験の影響により進化したサメだと判明。体内に核エネルギーを持つサメは熱焔を放ち、ボートの釣り人、海水浴を楽しむ若者に次々と襲い掛かり犠牲者は増えていく。しかし人類が自らの手によって生み出した悪魔の逆襲は始まったばかりだった…。

原題:Atomic Shark / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年2月(DVDスルー) / 上映時間:86分 / 製作会社: / 配給:アメイジングD.C.

★【スタッフ】
監督:グリフ・ファースト
脚本:スコット・フォイ、グリフ・ファースト、ジャック・スナイダー

★【キャスト】
レイチェル・ブルック・スミス、ジェフ・フェイヒー、デヴィッド・ファウスティーノ、ボビー・カンポ、マライア・ボナー

【無料動画】

「シン・ジョーズ」予告

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2017年3月2日) 
このタイトルにロゴのデザイン…怒られないのでしょうか。完全にやっちゃった感が満載なのですが、よくこの作品を配給した日本の企業もビビらなかったものです。最初にはっきり言っておくべきだと思うので名言しておきますが、某有名大怪獣とは全くこれっぽっちも関係ありませんからね。さすがに勘違いしている人はいないと思いますが。しかし、この前例を作ってしまったら、これから皆タイトルに「シン」って入れるようになるのではと不安。
●映画フリー (2017年3月3日) 
突如現れた謎の生物。それは最初はサメの見た目をしていたが、徐々に驚異の成長を見せていく。アメリカ政府は事態の収拾のために議論を重ねるが、有効な手立てはない。そうしているうちに異常なサメはアメリカの主要都市を破壊。火の海にしてしまう。さらに政府も襲われ、壊滅状態。最後の望みはアメリカの大地に残った一部の人間に託された。そういうストーリーでは全くありません。ひとつもそうはなりませんので注意して視聴してください。
●OPENLOAD (2017年3月4日) 
核実験でサメがとか、放射能でサメがとか、そんな設定を聞くと、凄い能力を期待してしまうのはB級映画ハンターとしては当然の本能。これはサメ映画界でも最強の恐ろしさが待っているのでは…未知のパワーにワクワクが止まりません。ところが、この映画のサメ、想像の斜め上を全力ですっ飛んでいきます。放射能ってそういうことですか!と唖然とすること間違いなしのありえない光景。なんなんだこの能力は。もはや放射線は関係ないぞ…。
●SPACEMOV (2017年3月6日) 
もっとシリアスでサスペンス色の強いパニック・ムービーだと考えていたのですが、極端なほどのコメディでした。登場する人物が揃いも揃ってバカだらけ。ツッコミなんて必要ないです。それをする価値もないですよ。こんな奴らがサメを倒せるのか、最後まで疑問が消えませんでしたが、最終的にそういうオチなら、登場人物の活躍はあんまり関係ないような…。ひとつ言えることは、「シン(罪)」なんてものはなかった。存在しなかったのです。