特捜部Q Pからのメッセージ

人気ミステリーシリーズ「特捜部Q」の映画化第3弾

デンマークの作家ユッシ・エーズラ・オールスンの人気ミステリーシリーズ「特捜部Q」の映画化第3弾で、北欧の権威ある文学賞「ガラスの鍵賞」を受賞した「Pからのメッセージ」を映画化。コペンハーゲン警察で未解決事件をまかされる特捜部Qに、新たな捜査依頼が舞い込む。それは、海辺に流れ着いたボトルの中から「助けて」と書かれた手紙だった。手紙は7、8年前に書かれたもので、インクのにじみが激しく、ほとんど解読することができない。差出人の頭文字「P」を頼りに行方不明者の割り出しを進めた特捜部Qのメンバーたちは、やがて衝撃の事実にたどり着く。

原題:Flaskepost fra P / 製作:デンマーク・ドイツ・スウェーデン・ノルウェー(2016年) / 日本公開日:2017年1月28日 / 上映時間:112分 / 製作会社: / 配給:カルチュア・パブリッシャーズ / 前作:『特捜部Q キジ殺し

★【スタッフ】
監督:ハンス・ペテル・モランド(関連作品:『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』)
脚本:ニコライ・アーセル

★【キャスト】
ニコライ・リー・カース、ファレス・ファレス、ポール・スベーレ・ハーゲン、ヨハン・ルイズ・シュミット、ヤーコブ・オフテブロ、ソーレン・ピルマーク

【無料動画】

1/28(土)公開『特捜部Q Pからのメッセージ』日本版予告編

(C)2016 ZENTROPA ENTERTAINMENTS20 APS, ZENTROPA HAMBURG GMBH, ZENTROPA ENTERTAINMENTS BERLIN GMBH, ZENTROPA INTERNATIONAL NORWAY AS. All rights reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2017年1月20日) 
人気シリーズの魅力にすっかりハマってしまったこの頃。やはり独特の雰囲気がいい。綺麗な風景のせいか前の2作よりも全体の雰囲気が少し明るいように感じたのは気のせいでしょうか。カールとアサドは相変わらずいいコンビだし、中心となる犯人も怖くて、そこは変わらずなので安心のクオリティ。北欧的なタッチもだんだんと慣れてきました。こうなってくると私も実際に聖地巡礼してみたくなってきますね。きっと何もないのでしょうけど。
OPENLOAD (2017年1月21日) 
前回のキジ殺し事件から数日後の設定のようで、カールの病み具合が強くて完全に堕ちてるのが不安の種だったけど、最終的にはホッとしました。今回は珍しく特捜部Qにしてはアクション面が充実していてハラハラ具合がかなり楽しめる出来になってました。宗教性がクローズアップされているので、そこも興味深いです。前作より恐らく予算がかかっているので、きっとこのまま規模が拡大していくことを願っています。ずっと追いかけたいな。
DAILYMOTION (2017年1月30日) 
アサドとカールの真顔でボケとツッコミをやるシーンは健在で面白い。これが北欧ギャグなのか。今作だとかなり序盤の方で犯人はわかってしまうので、その人物をどう追い詰めるかの観客側のハラハラドキドキを楽しめる展開になっていくのがポイント。肝心の事件は、前2作もダークでしたが、今回はダークな上に犯人がいろいろヤバい。ラスト周りが秀逸で、構造とキャラの立ち位置が絶妙。確実にスケールアップしているのもGOODです。