なりゆきな魂、

なりゆきな魂、

孤高の漫画家・つげ忠男の作品を映画化

兄のつげ義春の影響で漫画を描き始め、断続的に作品を展開している孤高の漫画家・つげ忠男の作品を、同氏の長年のファンである『64 ロクヨン』の瀬々敬久監督が実写映画化。偶然に男女の争いに巻き込まれ衝動的に殺人を犯しまう老人たち、花見で偶然に出会った男女が殺し合いにまで発展してしまう様子を凝視する初老の男、バス事故に運命を翻弄される被害者遺族たちなど、つげの作品集「成り行き」「つげ忠男のシュールレアリズム」収録の4編に加え、瀬々監督によるオリジナルストーリーから構成。5つのエピソードを1つの大きな物語として再構成した。

原題:なりゆきな魂、 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年1月28日 / 上映時間:107分 / 製作会社: / 配給:ワイズ出版

【無料動画】

「なりゆきな魂、」予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

人間の心に抱える喜怒哀楽を素直に表現してストレートに描き出した作品はそれだけで魅力があり、思わず魅入ってしまうものです。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なので、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単というのが嬉しいです。スマホ、パソコン、タブレット、テレビなど、自由に視聴スタイルを選択できるので、プライベートな邪魔の無い鑑賞を実現したいなら欠かせません。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「なりゆきな魂、」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『なりゆきな魂、』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:瀬々敬久(関連作品:『64 ロクヨン 後編』)
脚本:瀬々敬久
撮影:鍋島淳裕
音楽:安川午朗

★【キャスト】
佐野史郎、足立正生、柄本明、山田真歩、三浦誠己、町田マリー、栁俊太郎、中田絢千、川瀬陽太、吉岡睦雄、後藤剛範、飯田芳、國元なつき、坂上嘉世、管勇毅、増田健一、蟹瀬令奈、葵來沙、安野恭太、小田哲也

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
原作になっているつげ忠男の作品は、シュールという言葉では表現しきれない独特の作風を持っており、紙面媒体でもその特殊性が色濃く強かったのに、それを映像化するとなればさらに至難を極めるのは当然のこと。「結末なんて実はどうでもいい」のキャッチコピーのとおり、この作品自体も通常の映画のロジックでは語るのがとても難しく、徒労に終わるだけなので、やめたほうがいい。ではどうするのか。流れに身を任せるしかないでしょう。
●BILIBILI  
「丘の上でヴィンセント・ファン・ゴッホは」「懐かしのメロディ」「昭和御詠歌」「きなこ屋のばあさん」「雨季」「河童の居る川」「どぶ街」「無頼の街」など数々の変わった作品を手がけてきたつげ忠男の作品を映画化するなど、無理な話だと思ったが、そこに挑戦をする人が現れるとは。しかも、瀬々敬久監督とは…。これを楽しめる人は、社会にほんの少数しかいないかもしれないが、それでも全く構わない。わかる人にわかればいいのだ。
●DAILYMOTION  
瀬々監督の熱意は本当に凄い。しっかり映画配給の大手の企画にも答えつつ、ちゃんと自分の撮りたい企画も通しているのだから。決してただの職人監督ではなく、クリエーターとして映画人のプライドを持っている。尊敬に値する人だ。つげ忠男ワールドに瀬々監督のワークショップを混ぜ合わせて、独自の作品を用意してくれるあたりはさすが。ラストのバラック飲屋街、セットかと思ったら今もまだ営業してる場所らしく、少し惹かれたりも。