スリーピング ビューティー 眠り姫と悪魔の館

「眠れる森の美女」を大胆にアレンジ

童話「眠れる森の美女」を下敷きに大胆な構成にしたファンタジー・ホラー映画。トーマス・カイザーは先祖代々受け継がれた豪邸を手に入れるものの、その屋敷は呪われていた。家に潜む悪魔から屋敷を守る「プロテクター」の任務を任された彼は、屋敷の秘密を暴くべく地元の不動産仲買業者と牧師とチームを組み、さらには眠り続ける美女、ブライアー・ローズを目覚めさせようとする…。

原題:The Curse of Sleeping Beauty / 製作:アメリカ(2016年) / 日本未公開:2017年12月(DVDスルー) / 上映時間:89分 / 製作会社:2B Films、Briar Rose Productions / 配給:

★【スタッフ】
監督:ピアリー・レジナルド・テオ
脚本:ピアリー・レジナルド・テオ、ジェイコブ・グリム、ウィルヘルム・C・グリム
撮影:クリストファー・C・ピアソン
音楽:スコット・グラスゴー

★【キャスト】
イーサン・ペック、インディア・アイズリー、ナタリー・ホール、ブルース・デイヴィソン、スコット・アラン・スミス、ザック・ウォード、ミム・ドリュー、アレクシ・イアコノ、シド・ストリットマター

【無料動画】

The Curse of Sleeping Beauty Official Trailer 1 (2016) – Ethan Peck, India Eisley Movie HD

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2017年12月10日) 
あの名作の童話を想像性たくましく手を加えまくった結果、生み出されたのはとんでもない化け物でした。まずジャンルがよくわからない。原作どおりであればファンタジーロマンスなのですが、そこは脚色によって中和されており、その脚色によって追加されたホラー要素も原作の雰囲気に引っ張られてそこまで濃くもない。最終的にすごくつかみどころのない作品になってしまいました。万人受けはしませんが、マニア受けはするかもしれません。
OPENLOAD (2017年12月14日) 
眠り姫をモチーフとしたダークファンタジーで、ホラー的な演出も見られます。でも中身はクラシカルでは全くなく、むしろなぜか現代的。十字軍といった単語が出てくる一方で、眠り姫が眠っている部屋は謎のスチームパンク感があり、なぜか現代のマネキンが襲ってきたりと、手の施しようがないほど、カオス。ただ、眠り姫役の女の子がとても美人でダークな衣装も見事にハマっているので、この女性のファッションショーと思えばOKかな。
DAILYMOTION (2017年12月19日) 
ブツ切りストーリーについてはあえて言及することもなし。「え、ここで終わる?!」という一周廻って斬新なオチも、制作者の最終的なあがきを感じさせる。超ホラー版眠れる森の美女というアイディアも良いのに、とりあえず頑張ったというのは認める。ひとつ大きな功績はインディア・アイズリーという女優をヒロインに据えて、彼女の魅力を引き出したことだろうか。その部分に関しては監督は有能だったと評価して良いのではないか。