静かなる叫び

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が銃乱射事件を描く

原題:Polytechnique
製作:カナダ(2009年)
日本公開日:2017年1月14日
上映時間:77分
製作会社:
配給:アットエンタテインメント
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 85%

モントリオール理工科大学で実際に起きた銃乱射事件をモチーフに描いた社会派ドラマ。1989年12月6日、モントリオール理工科大学に通う女子学生バレリーと友人の男子学生ジャン=フランソワは、いつも通りの1日を送っていた。しかし突然、1人の男子学生がライフル銃を携えて構内に乱入し、女子学生だけを狙って次々と発砲を開始。犯人は14人もの女子学生を殺害し、自らも命を断つ。バレリーは重傷を負ったものの何とか生還し、ジャン=フランソワは負傷した女子学生を救う。それぞれ心に深い傷を負った2人は、その後も続く非日常の中で苦悩する…。

★【スタッフ】
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ(関連作品:『ボーダーライン』)
脚本:ジャック・ダビッド、ドゥニ・ヴィルヌーヴ
撮影:ピエール・ギル
音楽:ブノワ・シャレスト

★【キャスト】
マキシム・ゴーデット、セバスティアン・ユベルドー、カリーヌ・バナッス、エブリーヌ・ブロシュ、ピエール=イブ・カルディナル

【無料動画】

静かなる叫び

静かなる叫び

(C)2008 RP POLYTECHNIQUE PRODUCTIONS INC.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2017年2月20日) 
衝撃が静かに広がっていくようなそんな作品でした。なぜこうなったのか? その解明に挑む映画ではない。ただ起こったことを描き出す。物語は2人の若者にフォーカスしていくが、決して運命的なものを提示はしない。「生き延びてしまった」という方が正しいくらいに、強烈な体験が影を落とし、未来につきまとう。無力感に打ちのめされる男と、恐怖に立ち向かう決意をする女の対比が、瞼の裏に刺さってとれなくなっているのがもどかしい。
SPACEMOV (2017年2月21日) 
モントリオール理工科大学銃乱射事件を元にした作品で、銃乱射のニュースは嫌というほど定期的に目にするが、この映画はその内部をセンセーショナルでもなく、あくまで自然に見せていく。まるでいつものことのように。だからなのかこの作品は短い。77分と言う素直に長編とは言いがたい作品だが、内容はとてつもなく濃密で、時間を強引に凝縮したような気さえする。これは人によって時間の経過の体感が違うのと同じ現象を再現しているのだろうか。
DAILYMOTION (2017年2月22日) 
映画は男が犯行に至る理由をモノローグで語るところから始まる。この犯人は、フェミニストが自分の人生を潰したといういかにも女性軽視な身勝手極まりない理由で、女性を次々と殺害してしまう。銃撃音が鳴り響き、悲鳴が上がるものの、それらは最小限に抑えられ、静寂だけが支配する。このサイレントこそ、今まさに社会を苦しめる諸悪の根源なのかもしれない。他のヴィルヌーブ作品には及ばなくても、この映画は他にはない鋭利さが光っていた。