ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

マクドナルド誕生秘話を映画化

ミルクシェイク製造機のセールスマンからファーストフード帝国のオーナーに上り詰めたレイ・クロックの生きざまを描く「マクドナルド」誕生の実話をもとにしたドラマ。1954年、マック・マクドナルドとディック・マクドナルド兄弟の下で、フランチャイズ・エージェントとして働き始めたクロック。彼は育て上げたのは、今や誰もが知るファーストフード「マクドナルド」だ。合理的なサービス、コスト削減、高品質という、店のコンセプトに勝機を見出したクロックは兄弟を説得し、「マクドナルド」のフランチャイズ化を展開する。しかし、利益を追求するクロックと兄弟の関係は次第に悪化し、クロックと兄弟は全面対決へと発展してしまう。

原題:The Founder / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年7月29日 / 上映時間:115分 / 製作会社:FilmNation Entertainment / 配給:KADOKAWA / 製作費:2500万ドル / 興行収入:2300万ドル

【無料動画】

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』予告
The Founder - Complete Soundtrack OST By Carter Burwell

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

伝記映画は知らなかった歴史や人物を目撃できるとても良い勉強になります。そんな作品を観たいのであれば、動画配信サービスがオススメです。頻繁に表示される余計な広告はありません。再生画面が見つからないこともありません。勝手に別サイトに飛ばされることもありません。もちろんセキュリティも万全。動画は最高画質で安定した再生が可能です。しかも、無料お試し期間を活用すればその間はサービスを使い放題。つまり、無料動画感覚で楽しめるわけです。気に入らなければ自由に退会して構いません。リスクはゼロです。

気になるのは見たい作品を配信しているのがどのサービスなのかという問題ですが、それに関してはこのページで紹介されているVODを参考にしてください。フリムビ2では作品の配信状況を整理して、まとめています。情報は随時更新されていき、鮮度が高いのも他にはない特徴です。自分の利用していないサービスがあれば、とくに試してみるチャレンジは大いに価値があります。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョン・リー・ハンコック(関連作品:『ウォルト・ディズニーの約束』)
脚本:ロバート・シーゲル
撮影:ジョン・シュワルツマン
音楽:カーター・バーウェル

★【キャスト】
マイケル・キートン、ジョン・キャロル・リンチ、ニック・オファーマン、リンダ・カーデリーニ、B・J・ノヴァク、ローラ・ダーン、ジャスティン・ランデル・ブルック、ケイト・ニールランド、パトリック・ウィルソン、ウィルバー・フィッツジェラルド

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1083%66
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.90/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
一言でいうとマクドナルドの創業者とフランチャイズ化をした人の話。たぶん、フランチャイズ化を進めたマイケルキートン扮するレイが悪役でいて主人公ということになると思うんだけど、自分にはあまり悪い人に感じられなかった。そういう極端な描き方もしていないと思う。端的にいえばビジネスなんてこれぐらい強欲にガツガツいかないと成功しないのだろう。それと同時に自分には絶対に持っていない才能だなとなんだか悲しくなってきました。
●映画FUN 
成功しているビジネスが全て健全であるとは限らない。登り詰めるためならどんな手段でも使うみたいなところはなりたいとは思わないけど、野心を持つ人には興味がある。その猛烈な成功欲みたいなものを見事に体現するマイケル・キートンのパワーたるや凄まじい。この人、こういう両面的な表と裏を抱えながら猛進していく役が非常に似合う。闇のヒーローを内包したマイケル・キートンの善悪で判断させない勢いのある演技は「バードマン」と同じだ。
●STREAMIN 
ここまでビジネス的視点で見られる映画も珍しい。勝者は誰なのか。勝つって何なのか。アメリカン・ドリームの裏側でどんなことが起きうるのか。色んな経営者のロールモデルになってるけど、やってることはシンプルだ。巨大ハンバーガーチェーンであろうと、他の業界であろうと、頂点に立つための必要条件は同一なのかもしれない。そんなことを想いながらマクドナルドを食べると、違った味に思えてくるような気がするのは錯覚だろうか。