劇場版 新・ミナミの帝王

「新・ミナミの帝王」が待望の映画化

人気漫画「難波金融伝・ミナミの帝王」を原作に、2010年に放送されたテレビドラマ「新・ミナミの帝王」の劇場版。監督は『呪報2405 ワタシが死ぬ理由』シリーズなどの瑠東東一郎。芸人の千原ジュニア、『表と裏』シリーズなどの大東駿介、『通学』シリーズなどの松井愛莉らが出演。近頃、大阪・ミナミの街では一帯をショッピングセンターにするという名目で次々と店が地上げされていたが、その裏では地上げ屋の薮田と政治家の小笠原が暗躍し、密かにある計画を進めていた。一方、ミナミの金貸し、萬田銀次郎の顧客でもある和菓子屋の植村家は、ネット界の人気者として知られる女子高生の美月によってネット上で非難され、倒産の危機に。しかし、美月は薮田と小笠原に利用されていた。事実を知り傷ついた美月と植村家を救うため、銀次郎と舎弟の坂上竜一は反撃にでる。

原題:劇場版 新・ミナミの帝王 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2017年1月14日 / 上映時間:87分 / 製作会社:よしもとクリエイティブ・エージェンシー / 配給:KATSU-do

【無料動画】

千原ジュニア、大東駿介ら出演!映画『劇場版 新・ミナミの帝王』予告編

千原ジュニア、大東駿介ら出演!映画『劇場版 新・ミナミの帝王』予告編

(C)新・ミナミの帝王製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:瑠東東一郎
脚本:ひかわかよ
撮影:中山秀一
音楽:PE’Z、櫻井真一

★【キャスト】
千原ジュニア、大東駿介、松井愛莉、板尾創路、橋本じゅん、光宗薫、袴田吉彦、赤井英和、亀田大毅

★【インタビュー】
・千原ジュニア「気恥ずかしさみたいなものがある中で、25年前に一緒に歩いていたミナミを舞台にした映画を2人でやらせてもらうというのは、不思議な感覚でしたね。だからもう2度とやりたくないですね!(笑)」

★【感想・批評】

●映画フリー 
千原ジュニアの新・南の帝王は舞台挨拶で、言ってたけれどもう8年位経つと。テレビでやっていたのかな?知らなかった。竹内力のイメージが強かったが、千原ジュニアのは初めてだが、新鮮でよかった。ストーリーは、今の時代背景をとらえていて特に板尾創路の演技が好きかな。前作のドラマを観ていなくても面白いので、そこは安心してほしいのですが、素直に楽しむ以上に、もっと掘り下げたいならさらに関連作を観ていけばいいと思う。
●映画FUN
ドラマよりパワーアップしている劇場版。千原ジュニア演じる萬田銀次郎は寡黙なエリートビジネスマン風で、バブリーでいかつい竹内力のイメージとは大きく異なるが、地上げ屋と政治家の横暴からミナミの零細商店主を(結果的に)助けるというストーリーは旧バージョンのファンにとってもなじみやすい伝統的なスタイル。なので旧作好きも入り込みやすいのではないかなと思う。順当な発展形としては正しい映画化の形ではないかなと感じる。
●BILIBILI
初期の竹内力版は原作をベースにしていたが、どんどん原作から知らない世界へと離れて行ったが、この「新ミナミの帝王」は原作とも竹内力のとも全くの別物に変わり果てている。原作や竹内力版のファンからはそれはもう不評かもしれないが、別物とわりきって何も考えずに観れば、ツンデレ人情派の萬田銀次郎もなかなかいいという結論に落ち着くだろう。コッテコテの大阪弁、コアなロケ地、キャストの訛りも自然だし、そういう関西リスペクトもOK。